【arrowsコラム・後編】継続率100%を支えるのは、教員の経験が培ったホスピタリティ

2019.4.25

Web編集者・ライター

サトートモロー

*前回のコラムはこちら

トレーニング指導から歪み矯正、メイク、服のチョイスなど。あらゆる生活シーンをサポートできるポテンシャルを秘めた、東京都豊島区のダイエットジム「arrows」。

こうしたサービス力の高さからか、ジムがオープンして半年以上が経つのにも関わらず、継続率100%という驚くべき数字を叩き出しています

arrowsがここまで支持されるのは、幅広いサービス力だけではありません。

なんでも屋さんとも言えるarrowsの高い対応力の裏には、教員という特殊な職業を経験している2人だからこそできる、細やかなホスピタリティの存在がありました。

1週間で2時間しか会えないからこそ、わずかな変化も見逃さない

改めて見ると、継続率100%というのは恐るべき数字ですね…。弓野トレーナー、牧野トレーナーで、継続してもらうために意識していることがあるんでしょうか?

(弓野トレーナー)
継続してもらうために、という意識では何も取り組んでいないですね。ですが、どうにかしてお客様に結果を出させてあげたい、という思いだけは強く持っています。

教員の仕事では、生徒のやる気を引き出す工夫をいくつも考えます。

それと同じで、お客様のモチベーションを引き上げるためにどうすればいいかを必死に考えていますね

20190405-DSC_4697

週2回セッションでいらっしゃるお客様と1週間で接することができるのは、たったの2時間です。

その過程でお客様が満足いく結果を出せなかったなら、それは私たちが信頼してもらえなかったという結果なのだと、私は考えます

だからこそ、そうした悲しい結果につながらないためにどうすればいいのか、必死に考えます。

三者面談で原因を徹底究明!?

その意識や取り組みが、継続率100%という結果につながっているんですね。お客様と接する上で、気をつけていることはありますか?

(牧野トレーナー)
お客様の変化を見逃さない」です。髪を切った、メイクを変えた、服がいつもと違う。いつもより元気だったり、逆に落ち込んでいたり。こうした変化に対して、しっかりと反応するよう心がけています。

衣服や気持ちの変化は、明確なお客様からのメッセージですから。

(弓野トレーナー)
あと、16回の継続コースで「このままだと達成が難しいかも」と感じたお客様は、この回数とは別に3人でミーティングをするようにしています。

学校の三者面談みたいですね!

(弓野トレーナー)
ミーティングでは、「今のままのペースだと、最終的な結果はこのくらいになってしまいますよ」というのを正直にお伝えします。

その上で、最近気になっていること、ダイエットや身体づくりへのモチベーションなどをとことん話し合って、今後のプランを練り直します

(牧野トレーナー)
私たちは基本的に、どのお客様とも一生お付き合いするつもりで接しています。

例えばとあるお客様で、いろんなジムに通っても相性が合わず、渡り鳥のようにジムを転々としている方がいました。

そのお客様が、現在うちで半年ほど継続して通われています。最初はダイエットで通っていたのに、今ではボディビルダーを目指して頑張っているんです。

20190405-DSC_4668

目的が劇的に変化していますね!多くのジムと相性が悪かったお客様が、ようやくピッタリなジムに出会えたんですね。

編集後記

多方面に豊富な専門知識を持つ、arrowsの弓野トレーナーと牧野トレーナー。2人は単に知識が豊富というだけでなく、目の前のお客様が人生を楽しむために、何をすべきか常に考えています。

まさに、ジムコンセプト"Life is beautiful"そのもののサービスを提供しているわけですね

アットホームで親しみやすく、しかもプロフェッショナル。池袋周辺でジムを探しているなら、ぜひ一度arrowsに足を運んでみてください!

>>arrowsの対談インタビュー記事もどうぞ!
《ジムインタビュー・arrows》コンセプトは「人生は素晴らしい」!現役教師が指導するジムを取材

>>arrowsの体験レポートはコチラ!
《体験レポート・arrows》女性に喜ばれるボディメイク効果のある中酸素トレーニング!