全国のダイエットジム検索〜ダイエットはプロのダイエットトレーナーと共に

パーソナルトレーナーの方はこちら

インタビュー

パーソナルトレーナーのためのアプリ『FITnote(フィットノート)』に込めた想いとは?只石社長に聞きました!

椙原 あやめ

椙原 あやめ

2018/07/20

2018年8月に、パーソナルトレーナーのためのアプリ『FITnote(フィットノート)』がリリースされます。

一体どんなアプリなのか?何を解決してくれるのか?
アプリをリリースされたのは、日本最大級ダイエットジム検索サイト『ダイエットコンシェルジュ』創業者で、株式会社レバレッジ代表取締役社長の只石昌幸さん。

只石さんに、『FITnote(フィットノート)』に込めた想いをお聞きしました。

トレーニング指導の専門知識をもつプロ・パーソナルトレーナー

まず、パーソナルトレーナーといわれる職業の方が、こんなに大勢いらっしゃることを初めて知りました!

そうですよね!RIZAP(ライザップ)のCMのおかげで、パーソナルトレーニングジムやパーソナルトレーナーの存在はずいぶん認知されました。

しかし、今はまだダイエットやトレーニングの興味が薄い方へも、世の中にある多くのパーソナルトレーニングジムの存在、そしてダイエットをプロに教えてもらうことの効率の高さを知ってもらうのに、まだできることはあると思っています。

世の中には自己流でダイエットをして挫折する人たちが本当に多いんです。消費カロリーより摂取カロリーが多ければ太るし、消費カロリーの方が多ければ痩せる。その図式だけでわかった気持ちになって、「食べるものを我慢したり、少し運動をすれば痩せられる」と思ってしまう。

自分でできるような気がしてしまうから、お金を払ってまでダイエットを教えてもらう必要なんてない、と思ってしまうんですよね。

DSC_0995

スポーツや音楽は先生に習うことが当たり前と思われていて、小さいころから教室に通いますよね。でもダイエットって小さい頃はやらないでしょう?だからダイエットをプロに習うという考えにならないんですよね。

パーソナルトレーナーは、トレーニング指導の専門家。「栄養学」や「解剖学」、「心理学」など専門知識をもつプロで、ただ減量するのではなく安全に痩せるためのノウハウを熟知しています。

自己流ダイエットで何度も失敗するより、プロから習った方が近道で効率がいい。どうすれば最短で健康的に痩せられるのか、食事や運動はどうするのがいいのか。

続けられるトレーニングを提案できるのは、結果を出すプロだから。トレーナーに指導してもらいながらダイエットすることで、挫折もしません。パーソナルトレーナーはあなたのダイエットの伴走者なんです。

8月10日がパーソナルトレーナーの日に認定されました(2017年7月一般社団法人日本記念日協会認定

気になるジムを疑似体験!『ダイエットコンシェルジュ』

日本最大級ダイエットジム検索サイト『ダイエットコンシェルジュ』 サイトが誕生した生い立ちについて、お聞かせいただけますか?

ダイエットジムが気になるなと思ったとき、どんなことが知りたいか考えてサイトを設計しました。

初めての場所に行くって敷居が高いですよね?トレーナーさんと密室空間で1対1、男性の自分でさえ、知らない場所に行くのは怖いですよ。
自分がお客さんの立場で考えて、今のサイトを立ち上げました。

日本最大級ダイエットジム検索サイト『ダイエットコンシェルジュ』は、ダイエットジムが気になるお客さんに、ジムを疑似体験してもらう。ナビゲートする場でありたいと思っています。

お客さんがジムの扉を開けて、そこからどんな風景が見えて、どんなトレーナーさんが迎えてくれるのか。そして初回はどんなトレーニングをして、どんな結果が得られそうか。

ダイエットジムを疑似体験でき、パーソナルトレーナーさんの人柄や思いを知ってもらい、門を叩くきっかけになってほしいと願ってサイトを作りました。

DSC_0973

FITNote(フィットノート)アプリに込めた想い

FITNote(フィットノート)というアプリをリリースされるそうですね。このアプリはどんな方に向けて作られたものなんでしょうか。

パーソナルトレーナーと契約者のお客さま向けにつくったアプリです。食事の報告やトレーニングについての相談、体重の変化やグラフ、ジムでのトレーニング日程の予約や変更が簡単に行えます。

アプリのリリースは8月予定で、順次アプリをアップデートしていき、近い将来は食事の写真を撮った瞬間にAIが反応し、担当のパーソナルトレーナーに報告する仕組みにも対応する予定です。

FITNote(フィットノート)には、どんな機能があるんですか?

パーソナルトレーナーさんとお客さん、双方が楽になる機能がたくさんあります。

例えば予約カレンダー機能。お客さんの予約日時を、紙やノートで管理しているパーソナルトレーナーさんが多いんですね。でも、予約した日をキャンセルして別の日に変更したい要望って出てくるじゃないですか。

歯医者さんやヘアサロンの予約なら、受付スタッフの人が電話対応して予定を調整してくれるんですけど、一人ですべて行っているトレーナーさんだとそうはいかない。

トレーナーさんとお客さんとの間で何度かメールのやり取りが発生するんですよ。人気トレーナーさんほど多忙なので、トレーニング指導している時間帯はメールのチェックもできませんよね。

FITNote(フィットノート)アプリには予約カレンダーがあるので、お客さんがトレーナーさんの空き時間をアプリのカレンダーで確認して、空いている時間に予約を入れられるんです。もし日時変更することになっても、リスケが簡単です。

他には、お客さん自身のデータをトレーナーさんとお客さんで共有できる機能です。たとえば体重のグラフも、お互いに体重変化を見られることで、トレーニング方法を相談できたりと、データを有効活用できます。

先ほどお話したように、パーソナルトレーナーさんへの食事報告も、写真を撮るだけで簡単に行えるようにする予定です。

DSC_1015

FITNote(フィットノート)アプリはどんな方に使ってもらいたいですか?

特に、ダイエットジムを持っていない、フリーランスのパーソナルトレーナーさんに使っていただきたいと思っています。

煩わしい予約管理や、お客様カルテ、食事管理や指導も、FITNote(フィットノート)アプリで一元管理できます。

後々にはAIを活用して食事指導を行ったり、アプリでサプリ等の物販も行えるようにする予定です。

最後に、FITNote(フィットノート)に込めた想いをお聞かせください。

FITNote(フィットノート)アプリのリリースにあたり、込めた想いは大きく2つあります。

  • パーソナルトレーナーとしての知識を増やすため、専門家としての勉強に時間をつかってほしい。
  • お客様を獲得するためのマーケティングに時間をつかってほしい。

そのために、煩雑な業務はFITNote(フィットノート)アプリを上手に活用してもらい、パーソナルトレーナー本来の仕事に集中してもらいたいですね!

編集後記

世の中にダイエットアプリはたくさんありますが、今までのアプリは運動や食事を「記録」するものが多かったように思います。その記録をどう活用すればいいのか、トレーニングは同じものをしていいのか変えた方がいいのか分からないものでした。つまり自己管理のためのアプリですね。

FITNote(フィットノート)アプリなら、まるで自分のパーソナルトレーナーさんと手元のスマホでいつでも会えるかのよう!

自己流ダイエットはいつもフェイドアウトしてしまう私も、ダイエットジムでトレーナーさんとアプリで情報交換できたら、楽しくダイエットできそうです。

DSC_1026

 

いいね!して、ダイエットの最新記事を受け取ろう。

椙原 あやめ

椙原 あやめ

兵庫県尼崎市出身。大手設計事務所に就職、18年いた建築業界からフリーライターの道へ。運動音痴だが、フルマラソン完走を目標に「走れるライター」として活動中。

この執筆者の記事一覧を見る

インタビューのまとめ一覧SAME AUTHOR POSTS

一覧を見る

ダイエットキーワードDIET'S KEYWORDS

よく読まれている話題の記事POPULAR POSTS

一覧を見る

コラムカテゴリCOLUMN CATEGORIES

gym_merit
gym_merit