パーソナルトレーニングの服装はなにがオススメ?ウェアの選び方とポイントを解説!

2021.3.17

いざパーソナルトレーニングに通うと決めたとき、「どういう服装でトレーニングに行けばいいの?」という疑問を持つ方は少なくありません。
また、可愛さやかっこよさと動きやすさを兼ね備えたウェアを探している方も少なくないはず。

そこでこの記事では、パーソナルトレーニングに必要なウェアとウェア選びのポイント、オススメのブランドなどを解説します。

【そもそも……】パーソナルトレーニング用のウェアは購入しないとだめ?

パーソナルトレーニングをするのに、特別なウェアを用意する必要はあるのでしょうか。まずは、パーソナルトレーニング用のウェアは必要なのかを見ていきます。

レンタルウェアが用意されているケースがある

パーソナルトレーニングジムでは、自分用のウェアを購入しなくても良いように、必要なアイテムのレンタルサービスを提供しているケースがあります。

なるべくトレーニングにかかる費用を抑えたい場合には、ウェアはレンタルで済ませるのがオススメです。

また、レンタルのメリットは費用面だけではなく、ジムに通う際の荷物を減らせるなどのメリットもあります。

ジムでレンタルできるもの・できないもの

ウェアのレンタルサービスを提供しているジムにも、借りられるアイテムと借りられないアイテムがあります。

Tシャツやタンクトップなどのトップス、ハーフパンツなどのボトムス、トレーニング用のシューズなどは、レンタルできる事が多いです。
一方で、肌着などは直接肌に付けるものという事もあり、レンタルできない事がほとんどです。

ジムでレンタルサービスを利用する場合には、どのアイテムが借りられるかをあらかじめチェックし、自分で準備しなければいけないものを把握しておくようにしましょう。

モチベーションアップにはマイウェアがオススメ

普段、気合いを入れたい日に「勝負服」を着るのと同じで、お気に入りのウェアがあったほうがやる気のスイッチが入る、意欲を高められるという方には、マイウェアの購入をオススメします。

毎回ウェアをレンタルするとなると、その都度受付でレンタルの手続きをする時間が必要となりますが、マイウェアを用意しておけば受付の時間を省けるため効率的に時間を使う事もできます。

ただ、「うっかりして忘れ物が多い」「なるべく用意をラクにしたい」という方にはレンタルのほうが向いています。レンタルするかマイウェアを用意するかは、自分の性格に合わせて選択するのがオススメです。

パーソナルトレーニング用のウェアのポイント

ウェアを選ぶ際は、「動きやすさ」「機能」「好み」の3点を重視しましょう。それぞれのポイントについて詳しく説明します。

動きやすさを最重要視

トレーニングをしている最中に「なんだか動きにくい…」とストレスを感じると、トレーニングへの集中力や持続力に影響が出てしまいます。収縮性やフィット感などを意識して、動きやすさを重要視してウェアを選びます。

吸水性・速乾性・通気性

動きやすさを第一に考えたら、次は吸水性や速乾性、通気性などの機能面をチェックしていきます。こうした機能に優れているウェアを選ぶと、汗をかいてもより快適にトレーニングを進める事が可能になります。

高機能なウェアは価格も高くなりがちなので、ここは予算と相談してみてください。

自分好みのものを探す

トレーニングのなかにはキツい種目もあるため、着ているウェアを自分好みにして、モチベーションを高めるのも大切です。

見た目にこだわって動きやすさや機能性を二の次にするのはオススメできませんが、「これを着れば頑張れる」と思えるようなウェアを身に着けるとトレーニングへのモチベーションも上がるはず。

憧れの有名人やインフルエンサーなどが着用しているウェアを選ぶのもオススメです。

【アイテム別】パーソナルトレーニングウェアの選び方

パーソナルトレーニング用ウェアを選ぶコツを、アイテムごとにご紹介します。

トップス

トップスはTシャツやタンクトップが無難なアイテムですが、スポーツブラを選ぶ方もたくさんいます。

「SNSなどで見て、スポーツブラでトレーニングしている姿に憧れているけど、人前でスポーツブラを着るのは恥ずかしい」という方でも、パーソナルトレーニングならトレーナー1人からしか見られません。チャレンジしやすいのではないでしょうか。

スポーツブラを着ると、Tシャツやタンクトップよりもしっかりと自分の身体を見る事になります。成果が出れば大きな達成感が味わえ、モチベーション維持もしやすくなるなどのメリットもあります。

パンツ・ボトムス

ハーフパンツやスパッツ、レギンス、ジャージやスウェットなど、パンツ・ボトムスには選択肢が多いのが特徴です。

形は好みで選んでも良いですが、タイツやスパッツは、スポーツブラと同じで身体のラインがしっかり見えるので、効果が出てくるとモチベーションアップにつながります。

ボトムスはトップスと同じブランドで合わせてセットアップにすると、おしゃれ度もアップします。

シューズ

シンプルな形状であればランニング用のシューズでも問題ありませんが、かかとにエアーが入っていたり曲線状になっていたりするタイプや、かかとが高くなっているとパーソナルトレーニングジムでは不向きな事もあります。

特にウエイトトレーニングをする場合、しっかりと床を足でグリップしないといけない事もあるので、ジム用のソールが薄いシューズを選ぶのがポイントです。

下着・肌着

速乾性に優れており、トレーニング時にあまり締め付けられないような下着や肌着を選ぶのがオススメです。

最近では、スポーツブラやスポーツ用のショーツなども販売されています。パーソナルトレーニングでより良いパフォーマンスを出したいのであれば、下着や肌着にもこだわるのがオススメです。

パーソナルトレーニングでオススメのスポーツウェアブランド5選

最後に、パーソナルトレーニング用ウェアを揃えるのにオススメのブランドを5つご紹介します。ウェア選びの参考にしてください。

NIKE

はやり廃りのない大定番アイテムを取り揃えるブランドです。アイテムのラインナップが豊富なため、好みのスタイルが実現できるはずです。

アンダーアーマー

NIKEと同じく、こちらも定番のブランドです。NIKEよりもスポーツウェアとしての側面が強いため、アンダーアーマーの愛用者には、トレーニングにしっかりと取り組んでいる人が多いイメージがあります。

ユニクロ

ユニクロでも、機能性に優れたスポーツウェアが販売されています。ほかのスポーツブランドよりも安価で、シンプルなアイテムが揃えられるのが特長です。

ルルレモン

ルルレモンは海外のスポーツブランドで、特に女性用のおしゃれなスポーツウェアが揃っているブランドとして人気です。ただ、少し高価なので手が出しづらいという面もあります。

ROXY

水着やウィンタースポーツのイメージが強いブランドですが、パーソナルトレーニングジムにぴったりのスポーツウェアも販売しています。値段も比較的リーズナブルなので、手軽におしゃれなアイテムを揃えられます。

まとめ

ジムによってはウェアをレンタルできる事もありますが、肌着などは自分で用意する必要があります。
トップスやボトムスなどのレンタル可能なアイテムでもマイウェアを用意すると、レンタルの受付時間を節約できたり、モチベーション維持にもつながります。

パーソナルトレーニング用のウェア選びでは、「動きやすさ」「機能」「好み」の3点を意識するのがオススメです。
アイテム別のポイントやオススメブランドなど、この記事でご紹介した情報を参考にして、お気に入りのウェアをゲットしてください。

なお、ジム通いの荷物をなるべく減らしたい方は、ジムのレンタルウェアを活用するのもオススメです。
「ウェアをレンタルできるパーソナルトレーニングジムを知りたい」という方は、お気軽にダイエットコンシェルジュへご相談ください!

無料でオススメのパーソナルトレーニングジムを検索!