全国のダイエットジム検索〜ダイエットはプロのダイエットトレーナーと共に

リアル体験

《ジム体験レポート・ビジョンジム》電気で筋肉を刺激!EMSを使った下半身引き締めトレーニング!

品川・目黒 最短で結果を出せる!visiongym(ビジョンジム)目黒店

サトートモロー

Web編集者・ライター


サトートモロー

2019/06/24

「最新のトレーニングで、かっこいいカラダになりたいなあ」

そんな女性の願いを叶えてくれるのが、東京都内に複数店舗を展開する「ビジョンジム」です。

ウェットスーツのような体にフィットする専用のスーツを着た状態で、EMS(電気で筋肉を刺激する装置)を使用する最も新しいトレーニングなので、運動初心者の女性もダイエット成功へと導いてくれます。

通常のトレーニングの半分以下の時間なのに抜群の効果が得られ、求めるカラダを手に入れることができる。

今回は、そんなビジョンジムのトレーニング指導を体験してきました!

111-7181_0603052121

J(ジェイ)
 ビジョンジム 看板トレーナー

■資格
柔道整復師取得、中高体育教員免許取得、柔道黒帯

■経歴
整骨院にて4年間(2年間院長)勤務。中学、高校の外部指導講師、硬式野球クラブチームのコンディショニングトレーナー兼コーチ、某大手ジムのパーソナルトレーナーを経て、ビジョンジムへ。

■メッセージ
医療従事者として整骨院で院長として勤務しつつ、クラブチームや部活指導などでトレーニング指導を行ってきました。

予防医療から怪我の治療まで携わってきた幅広い知識と経験があります。子供から年配の方まで幅広い年齢層の経験も豊富です。トレーニング初心者の方でも楽しく簡単に始められるようにサポートいたします!

まずはカウンセリング!今日のテーマは「下半身引き締めトレーニング」

20190529-DSC_7237

まずはカウンセリング、

「普段どんなものをどれくらい食べていますか?」
「これまでスポーツしたことはありますか?」

など、生活習慣について質問されたのち、理想のカラダづくりについてヒアリングしてくれます。

20190529-DSC_7658

下半身のお肉が気になる僕は、Jトレーナーに「EMSを使った下半身引き締めトレーニング」を指導してもらうことになりました。

EMS下半身引き締めトレーニング!ウォーミングアップで筋肉に刺激を与えます!

20190529-DSC_7251

いよいよトレーニング開始! 

20190529-DSC_7629

ドイツで開発されたという最新ウェア「Visionbodyスーツ」を着用することで、
EMSの効果を最大限に活かして行うトレーニングです。

20190529-20190529-DSC_7544

電気の強さなどは、Jトレーナーがi PADを利用して調節してくれるとのこと。

20190529-DSC_7242

体にフィットしたスーツですが、着やすくて動きやすい作りです。

本格トレーニングの前にまずはウォーミングアップということで、下半身のお尻と足に電気が流れた状態で足踏みを繰り返します。

電気刺激のレベルが上がると、ジワジワと効いてきて負荷がかかってきますが、痛いという感じではありません。

20190529-DSC_7279

続いて上半身のウォーミングアップでは腕の曲げ伸ばし運動。

20190529-DSC_7280

電気が筋肉に対して収縮するように作用しているので、

20190529-DSC_7297

勝手に体が動くような不思議な感じです。

表現するとしたら「かっけのテストで膝を叩かれた時、反射的に足が動くような感じ」といえばお分かりいただけるでしょうか。

初めての体験です。すごい顔しているなあ(笑)。

EMS下半身引き締めトレーニング!バックエクステンションで背面を強化!

20190529-DSC_7342

ウォーミングアップも終わり、EMSを使った下半身引き締めトレーニング、最後の種目はバックエクステンション

お尻や背中など背面を鍛える種目です。

20190529-DSC_7353

ゴムのチューブを膝上に巻いて(黄色いチューブです)、バランスボールの上にうつ伏せになり、足をガニ股に開きます。

足の内側を床につけたのが、スタートポジション。

20190529-DSC_7360

ここからお尻に力を入れてギュッと引き締めつつ、上半身を反らしていくことで、背中やお尻の筋肉に刺激が入っていくのだとか。

20190529-DSC_7395

バランスボールの上で行うので、カラダの状態をキープするのが難しい!

「両手は足においてやってみましょう。その方が負荷がかかります」(Jトレーナー)

上体を反ったところで3秒間姿勢を維持するので、見た目以上にお尻と背中に刺激を感じました。

EMS下半身引き締めトレーニング!スプリットスクワットでお尻周りを鍛えます!

20190529-DSC_7453

EMSを使った下半身引き締めトレーニング、続いての種目はスプリットスクワット。

太ももの前側と後ろ側、お尻に効果のあるエクササイズです。

20190529-DSC_7416

ダンベルを両手に持ち、足を前後に大きく開いた状態から、

20190529-DSC_7428

カラダが左右にぶれないようバランスを保ちながら、膝を曲げ上体を落としていきます。

20190529-DSC_7437

「膝が前に出過ぎないように、真下に体を落とすことが重要です」(Jトレーナー)

左右ともに10回ずつ行うのですが、徐々に足とお尻に流れる電気の刺激も強くなっていきます。

当然負荷も重くなっていくので、思わず

「あっ、これ(電気の刺激が)凄い!!!」

と叫んでしまいました。

EMS下半身引き締めトレーニング!ラストはヒップリフトでお尻責め!

20190529-DSC_7529

EMSを使った下半身引き締めトレーニング、最後の種目はヒップリフト。

その名の通り、ヒップ(お尻)をリフト(持ち上げ)する動きで、ヒップアップ効果絶大です。

20190529-DSC_7496

床の上で仰向けに寝転がってボールを膝で挟んだ上体から、お尻を一気に持ち上げていく動きです。

20190529-DSC_7513

こちらがスタートポジション。

20190529-DSC_7519

ここまでお尻を持ち上げます。

「挟んだボールを潰すイメージで、膝にも力を入れてくださいね」(Jトレーナー)

一番上までお尻を上げた姿勢を3秒間キープしつつ、ボールを落としてはいけないので結構きついです。

電気の刺激も加わるので太ももがプルプルしてしまい、まさに膝が笑ったような状態になりましたが、なんとか最後までやりきることができました。

本当にきつかったのですが「今日の電流はマックスを100だとすると、30程度です」とのこと。

20190529-DSC_7576

試しに70まで電流を上げた状態を体験したのですが、スクワットの姿勢をキープするのが精一杯で全く動けませんでした。

身動き取れないレベルの電気刺激、初体験でした…。

ちなみに、Jトレーナーは電流を100(MAX)にしてもトレーニングできるとのことで驚きです。

今回は体験トレーニングでしたが、通常は30分の間に4〜5種目を3セットずつ行うとのこと。

Jトレーナー、EMSを使った下半身引き締めトレーニング、ありがとうございました!

ビジョンジム渋谷店の店舗写真

20190529-DSC_7618 20190529-DSC_7620 20190529-DSC_7693 20190529-DSC_7690 20190529-DSC_7684 20190529-DSC_7625 20190529-DSC_7627 20190529-DSC_7696 20190529-DSC_763620190529-DSC_7140 20190529-DSC_7629 20190529-DSC_7105 20190529-DSC_7078 20190529-DSC_7086 20190529-DSC_7101 20190529-DSC_7099

編集後記

20190529-DSC_7591

ビジョンジムは、ドイツで開発された最新ウェアVisionbodyスーツを着用し、EMS(電気で筋肉を刺激する装置)の効果を併用してトレーニングするのが特徴のジムです。

EMSを使うことで、一部の筋肉だけでなく全身の筋肉に刺激が入るというメリットが。さらに運動時間も通常のトレーニングの半分以下で十分というのも、忙しい方にとっては嬉しいポイント。

都内に複数店舗を展開して多くのトレーナーさんが在籍されていますが、どのトレーナーさんもプロフェッショナルでお客様の要望に最大限応える指導をしているので、運動初心者の方でも安心して通えるのではないでしょうか。

ビジョンジムのサービスが気になった方は、ぜひ気軽に無料カウンセリングに行ってみてください!

PRgym_merit

サトートモロー

Web編集者・ライター


サトートモロー

コンテンツマーケティングを意識したキーワードの設計、記事構成、執筆、編集までをこなす。 「ダイエットコンシェルジュ」ではユーザー目線を大事にしつつ、プロフェッショナルであるパーソナルトレーナーの素晴らしさを伝えるコンテンツを制作中。

この執筆者の記事一覧を見る

リアル体験のまとめ一覧SAME AUTHOR POSTS

一覧を見る

よく読まれている話題の記事POPULAR POSTS

一覧を見る

コラムカテゴリCOLUMN CATEGORIES

gym_merit