gotoトレーニングキャンペーンのバナー

運動しないパーソナル?おふく堂で「不思議体験」してみませんか?

2020.7.2

パーソナルトレーニングは、しっかりとハードな運動をして効果的に身体を鍛えるもの。そう思っていた時期は、僕にもありました(某格闘漫画より)。福岡市・大名の「健美処 おふく堂」は、身体を動かす前段階にある「パフォーマンス」を整えることに、強いこだわりを持っています。

その真髄は、「運動しないメソッド」。約1時間、初回体験と同じくらいのインタビュー時間で、僕は多くの「不思議体験」をしました。

(インタビュアー:サトートモロー)

<福本 泰久(ふくもと・やすひさ>おふく堂トレーナー。夫婦で店舗を運営し、奥様が整体、福本トレーナーがもみほぐし、オイルトリートメント、パーソナルトレーニングを指導。タイ・プーケットでダイバーガイドをするなど、多彩な経歴の持ち主。

おふく堂のお客様は、みんな「不思議体験」を経験している?

インタビュアー・トモロー

おふく堂では、整体やもみほぐしのメニューと別にパーソナルトレーニングもしているんですね。いつからトレーナーとして活動を始めたんですか?

福本トレーナー

実は僕も、こうしてお客様のケアをする立場ではありますが、一切運動をしてなかった人間なんです。現在ちょうど42歳なんですが、それこそ社会に出て20年以上、運動から遠ざかっていました(笑)

年齢を重ねて自分の身体が心配になり、生活を見直そうと思ったタイミングで、学校に通い人体やトレーニングの知識をいちから勉強しなおしました。

インタビュアー・トモロー

すごい行動力ですね。

福本トレーナー

運動そのものに慣れていないレベルだったので、学校での勉強はかなりハードでした。当時約60kgだった体重が、50kg前後まで落ちましたからね(苦笑)。

さすがに体調も悪くなったので、今は少し体重を戻しました。そのときの経験も踏まえて、おふく堂では「運動しないメソッド」を取り入れようと思いました

インタビュアー・トモロー

パーソナルトレーニングなのに「運動しない」って、ものすごい斬新。

福本トレーナー

多くのジムで実践しているのは、マシンや重量を使った「効率のいい筋肉の鍛え方」ですよね。でも僕たちのお店にいらっしゃるお客様は、肩こり、首こり、腰痛などで悩んでいる方が大半です。

ダイエットのために超ハードなトレーニングをして、身体を痛めて運動をやめて、リバウンドしてしまったというお客様もいました。

僕のお客様にはそうなってほしくないと思い、僕は3つの方法で身体を痛めずにトレーニング指導を行うようにしました。

初回のお客様の多くは、この3つの方法を試すと「不思議体験をした!」と思うみたいです

インタビュアー・トモロー

不思議体験。ますますパーソナルトレーニングっぽくない響きですね。1つずつ教えて下さい。

不思議体験その1「姿勢で変わる筋出力の変化」これを意識するだけで、日常生活のやせやすさが変わる?

福本トレーナー

初回のお客様には、「身体の姿勢が変わるだけで、どれだけパフォーマンスが上がったり下がったりするか」をお話します。おふく堂ではそれを「筋出力」と表現するんですが

カンタンに言うと、身体が前重心・後ろ重心になるだけで、とたんに筋出力を発揮しにくくなるんですよ。これを意識して日常生活を送るだけで、普段から使える筋肉が増える=やせやすくなります。

ちょっと試してみましょうか。

インタビュアー・トモロー

シンプルな動き、というかもう意識レベルで、ここまで肩が動かしやすくなるんですね。

読者のみなさん、なんかやらせっぽく見えますが、本当に変わるんでぜひ家で試してみて下さい。

福本トレーナー

(笑)。

不思議体験その2「ネガティブトレーニング」あなたのトレーニングが、パフォーマンスを逆に下がっているかもしれない?

福本トレーナー

ふたつ目は、「ネガティブトレーニング」によるトレーニングです。ある意味一番「パーソナルトレーニング」っぽい方法ですね。

インタビュアー・トモロー

ネガティブトレーニング?

福本トレーナー

ネガティブというのは、メンタルの話ではありません。

筋トレをしていると、筋肉は縮む糖鎖と伸びる動作を繰り返しますよね。このうち、筋肉が伸びる動作で働く作用を「エキセントリック収縮」と呼び、トレーニングでは「ネガティブ動作」と呼びます

逆に、縮む動作がメインの運動は「ポジティブ」と呼ぶんです。腹筋運動なら、身体を後ろに倒す動きがネガティブ動作、起きあがる動きがポジティブ動作です。

インタビュアー・トモロー

ふむふむ。

福本トレーナー

おふく堂のネガティブトレーニングは、このネガティブ動作だけに力を使います。身体を起こすポジティブ動作では、ほとんど力を使いません。

インタビュアー・トモロー

なぜネガティブトレーニングだけをやるんですか?

福本トレーナー

ポジティブ動作が主体のトレーニングは、身体が歪みやすいと言われているからなんです。身体を起こす。しゃがんだ所から立ち上がる。こういう動作って、多少フォームが崩れてもなんとかなっちゃうじゃないですか。

無理に動くことで身体を痛めるかもしれないし、トレーニングしたのに身体のパフォーマンスが落ちちゃうかもしれないんですよ。

 

インタビュアー・トモロー

ふーむ。わかるような、わからないような…?

福本トレーナー

たとえば、階段ののぼりおりをイメージしてください。

階段をのぼるときって、あまり足元とか見ないじゃないでするするいけるじゃないですか。でもおりるときって、なんとなく足元に意識が向きませんか?ちょっと緊張感があるというか。

インタビュアー・トモロー

そうですね。足元を見ないで階段おりるとか、段差を踏み外しそうで結構こわいです。

福本トレーナー

ネガティブ動作も、まさにこの階段をおりるのと同じなんです。

使っている筋肉やフォーム、そして体幹部の安定が必要なので、自然とお腹周りや狙った筋肉が鍛えやすくなります。ポジティブ動作よりも、多くの筋力を使うという研究もあります。

効果的に身体が鍛えられるのに加えて、実際に身体のちょっとしたパフォーマンスがあがるんです。試しに腹筋運動で、それを実感してみませんか?

インタビュアー・トモロー

ぜひお願いします!

不思議体験その3「五感で変わるパフォーマンス」皆さんの筋出力が高まる「味」はどれ?

インタビュアー・トモロー

えー、これすごい。ポジティブとネガティブの動作ひとつで、これだけ身体に反応が出るんですね。しかも重りとか使ってないのに、かなりしんどい(笑)。

福本トレーナー

おふく堂ではバーベル・ダンベルなどは使わないんですが、十分なトレーニングになります。

インタビュアー・トモロー

でも、ここまでで結構運動していますよね。最初に聞いた「運動しないメソッド」とは言えなくないですか?(ゲス顔)。

福本トレーナー

確かにそうかもしれませんね(苦笑)。

おふく堂では、パフォーマンス=筋出力を意識した身体のケアやダイエットを目指します。そこで登場する最後の不思議体験が、味覚や色など五感に働きかけた、パフォーマンスの向上です

インタビュアー・トモロー

これまた面妖な…。ここにきて怪しさが一層増しましたが、どういうことですか?

福本トレーナー

たとえば、現在は糖質制限がダイエット食の主流じゃないですか。ケーキやパンといった甘みの多い食品は、なるべく避けたほうがいいとなりますよね。

ですが、なかには甘みをしっかり摂取したほうが、トレーニングや運動に集中できる人もいるんですよ。僕はまさにそういう体質で、運動前に甘いコーヒーやチョコを食べると、トレーニングの効率があがります

インタビュアー・トモロー

へえ、そうなんですね!

福本トレーナー

酸味、塩味、苦味、うま味といった味覚のどれを感じるかで、パフォーマンスは大きく上下します。どの味覚でどんな反応が出るかは、それこそ人それぞれです。

味覚によるパフォーマンスの変化は、日常のストレスにも関係します。実際に、ある女性のお客様は糖質制限をしていたんですが、甘みでパフォーマンスの上がる人でした。

試しにシュークリームを毎晩3個食べる生活をしてもらったら、2週間で体重が3kg落ちました

インタビュアー・トモロー

シュークリーム食べてたのにですか!?なにそれすごい。

福本トレーナー

逆にシュークリームを食べないようにしたら、10日で4kg戻ってしまいました。自分に合う味覚を見つけることは、ダイエットでとても大切なことなんです。

インタビュアー・トモロー

シュークリームでダイエット…。

福本さん!僕の味覚をチェックしてください!僕もシュークリーム食べまくってやせたいです!!(邪心全開)

福本トレーナー

じゃあ試してみましょうう。

福本トレーナー

お疲れさまでした。トモローさんは塩味やうま味を口にすることで、パフォーマンスが上がるタイプでしたね。

逆に甘みでパフォーマンスががっくりと落ちたんで、糖質制限が向いているかもしれません。

インタビュアー・トモロー

シュークリームでやせる生活が…(涙)。

それはともかく、あんなに味覚でパフォーマンスが変わるなんて思いませんでした。

福本トレーナー

そうですね。トモローさんは運動前にお味噌汁とか飲むと、トレーニング効果をかなり上げられるかもしれません。

インタビュアー・トモロー

味噌汁味のプレワークアウトドリンクとか出してくれないかな…。

自分に合う味覚って、どうやったら見つけられますか?

福本トレーナー

さきほどのように、2人1組などで味を試しながら運動してみるといいですよね。それが難しい方は、「極限まで疲れたとき、何を食べることが多いか」と自分に問いかけてみてください

これって、「自分へのごほうび」とはちょっと違うんですよね。普段は甘いものが好きな人も、これ以上動けないってくらいクタクタなとき、意外なものを口にしているケースは多いです。

インタビュアー・トモロー

そういえば…。

僕も普段脂っこいものとか好きなんですが(だから太る)、取材やら移動やらでくたくたなときは、定食屋さんで和食のメニューを頼むことが多いです。

福本トレーナー

味覚と同じで、普段身につけるトレーニングウェアの色とかでも、パフォーマンスは大きく変わります。それがわかることで、常に最高に近いパフォーマンスを発揮しながら、運動ができるんです。

編集後記

おふく堂のトレーニング、というかパフォーマンス改善は、大半が「いやいや、そうはならんでしょう」と思うものばかり。なのに、実際に試すとびっくりするくらい、分かりやすい反応が身体に起こります

トレーニングのフォームや、普段の食事はもちろん重要です。しかし土台となる身体のパフォーマンスや筋出力が落ちていたら、せっかくのがんばりが効果半減になってしまうかも

運動慣れしていなかったからこそ、より効果のあるパフォーマンスアップに注力し、運動しないメソッドにたどりついた福本トレーナー。みなさんもぜひ、僕が経験した不思議体験を味わってみてください!