全国のダイエットジム検索〜ダイエットはプロのダイエットトレーナーと共に

パーソナルトレーナーの方はこちら

インタビュー

《ジムインタビュー》ナチュラルアスリート体型・体質を手に入れられるジムを取材!

小川 敬司

ダイエットコンシェルジュ 新規ジム開拓責任者


小川 敬司

2017/12/29

痩せるだけじゃなく、しなやかな動作も同時に手に入れたい!

そんな欲張りなあなたには、「ナチュナルでカッコいいアスリート体型・体質を目指す」がコンセプトのプライベートジムはいかがでしょうか?

トレーナーは、全員が陸上の大会で記録や実績を残している一流アスリート。

通常のダイエットに加え、歩き方や走り方、姿勢からカラダの機能性アップまで指導してもらえるので、ナチュラルなアスリート体型・体質になれる。

都内屈指のオシャレな街、表参道で展開する「D’ACTION」の代表トレーナーにお店の魅力についてインタビューしてきました! 

今回はこちらのトレーナーさんにインタビューです!

20171117-20171117-DSC_0737_1121024446

三宅 修司(Shuji Miyake)
D’ACTION 代表トレーナー

中央大学出身、現役時代は400mハードルにおいて大阪世界陸上選考会へ出場。その後、為末大が代表を務める株式会社侍にてトレーニングの基本を一から学びながら、パーソナルジムにおいても数多くのセッションをこなした後、D’ACTION設立。《主な競技実績》2011年大阪世界陸上選考会出場、2011年全日本インカレ入賞、2011年九州選手権優勝、2008年佐賀インターハイ入賞鹿児島県記録保持者

400mハードルで日本5位!トップアスリート・為末大のもとで働いた経験も!

20171117-DSC_0418

三宅代表は長く陸上競技をされていらっしゃいますが、どのような経歴をお持ちですか?

(三宅トレーナー)
お客様などあまり陸上に詳しくない方などにお話する時に一番分かりやすいのは、400メートルハードルで日本5位になったことではないでしょうか。

陸上競技は小学校4年生の時に始めました。中学生の頃は主に100メートルや200メートルを走っていましたが、高校生から400メートルハードルの選手になりました。

陸上競技というのは、良い意味でも悪い意味でも(結果が)自分に返ってきます。

良い部分でいうと自分との戦いなので、ひたすら競技に没頭して探求し続けていけるというか、その辺りが陸上にのめり込んだ理由ではないかと思っています。

走りというのは正解がないので、ある意味「記録が良ければ正解」になってしまうところがあり、教科書や理論などは後付けになってしまったりもします。

三宅代表は陸上でオリンピックに出場した為末大氏のもとで働かれた経験もあるとお聞きしましたが?

(三宅トレーナー)
学生時代からずっと陸上競技をやっていたので、大学卒業後に一般企業へ就職したのちも陸上に関わりたいと考えていました。

NPO法人を立ち上げて地域のかけっこクラブを立ち上げることも頭の中にはあったのですが、その頃「陸上の世界で一番有名なのは為末大だ!」思っていたので、実際にお会いして話をしてみたところ、為末さんから「一緒に働いてみよう」と誘って頂きました。

為末さんの会社で働いていた頃、パラリンピックのアスリートを指導したり、小学生に陸上競技を教えたりもしていました。

当時から「3年で独立しよう」と決めていたのですが、実際に3年後に独立することができました。

D’ACTIONさんに在籍する他のトレーナーさんについても教えていただけますか?

(三宅トレーナー)
内田直生という私と同じく陸上競技をやっているトレーナーがおります。

彼は理学療法士でもあり、カラダのケアが得意でその分野に強みのあるトレーナーです。

カラダの内側の筋肉についての専門家なのですが、私がどちらかと言うとカラダの外側の筋肉や動きの機能面について造詣がこともあり、内田と私でカラダの内側・外側の両面をサポートできる体制が整っているのではないでしょうか。

D’ACTIONではダイエットのその先、常に自分自身で動けるカラダを提案しているのですが、二人のトレーナーで一人のお客様を担当させていただいています。

D’ACTIONさんにはアドバイザーの方もいらっしゃるんですよね?

(三宅トレーナー)
アテネオリンピックの400m×4リレーで4位に入賞したトップアスリートで、現在はプロのトレーニング指導者として活動している伊藤友広さんにプラグラムアドバイザーをして頂いてます。

プロ野球(阪神タイガース)やJリーグ(浦和レッズ)の選手も指導しているプロフェッショナルで、トレーナーもアドバイザーもアスリートで固めていくという方針でやっています。

陸上競技のプロだからこそ教えられる正しい歩き方や姿勢の重要性!

20171117-DSC_0380

トレーニング指導の特徴を教えていただけますか?

(三宅トレーナー)
あまりボディメイクに偏らず、走りと有酸素運動、無酸素運動を取り入れたトレーニングをしていること、それからお客様に受けていただく遺伝子検査(DNA検査)をもとにトレーニングメニューを組んでいくことの2点が大きな特徴ではないでしょうか。

DNA検査では、脂質を摂取したら太りますなどお一人おひとりの体質が明らかになるだけではなく、瞬発力などその方の筋肉の特性についても把握することができます。

有酸素運動をやらないジムもありますが、やったほうが良い理由はありますか?

(三宅トレーナー)
パーソナルジムに行くことだけではなく、私生活も運動ということを私は良くお客様に言っています。

そして日々の運動の中で「歩くこと」「走ること」は最も重要な動きなので、歩く姿勢や走る姿勢を気にすることで(運動そのものに対する)意識が高くなりますし、無酸素運動にアプローチする際のきっかけにもなると考えています。

正しく歩けていない状態だと姿勢が崩れてきます。

ボディメイクの観点で言うと、綺麗な大胸筋がつく一方で肩が内側に入ってしまったりするのですが、正しい歩き方になるとハムストリンググスが鍛えられて体全体のシルエットが美しくなります。

歩き方の重要性を認識しているトレーナーさんから学べることは大きなメリットですね?

(三宅トレーナー)
D’ACTIONは陸上競技を専門にやってきたトレーナーの集団ですので、歩き方や走り方を教えることで何が変わってくるかを熟知していますし、そもそもプライベートジムで歩き方を教えてくれるところは殆どないのが現状なので、そのあたりは他のジムさんと差別化を図れているのではないかと思っています。

歩き方や走り方のトレーニングを全体メニューのどこに入れるのか、無酸素運動との運動比率をどの程度にするのか、といったことについて陸上競技の専門家としてお客様にご提案できるのが私たちの強みではないでしょうか。

初月の徹底した土台作りがナチュラルアスリートを生み出す!

20171117-DSC_0464

D’ACTIONさんでは1ヶ月目と2ヶ月目でトレーニング内容が異なるとお聞きしましたが。

(三宅トレーナー)
D’ACTIONでは「アスリート的な体質を目指す」というコンセプトが根底にあります。

見た目も大切にしつつ、機能性のある健康的なカラダを手に入れ、運動を習慣化するマインドなどメンタル面も大事にする、これがアスリート的な体質を目指すということです。

アスリートは基礎的なカラダがきちんと出来ていないと、ハードなトレーニングをすることができません。

そういった意味でも一ヶ月目でいきなり重量トレーニングをしていくというのは、アスリート的とは言えません。

ですので初月はまずカラダの土台、ベース作りをきっちりして、それから二ヶ月目以降にハードトレーニングに挑戦する形をとっており、内容も大きく変わってきます。

具体的には、一ヶ月目と二ヶ月目でどのような違いがありますか?

(三宅トレーナー)
初回のセッションで足がどこまで上がるか、スクワットした時にどこまで足が曲がるかなどボディチェックをします。

同時にMAX測定と言って、現状でどのくらいの重さまで持ち上げることができるかなどカラダの機能面でのベースもチェックします。

その上で、一ヶ月目のトレーニング内容を決めていきます。

二ヶ月目については、初月のトレーニングに加え、心肺機能を高めるために有酸素運動と無酸素運動を複合した「サーキットトレーニング」を取り入れていきます。

ダイエット記事がYahoo!Japanに取り上げられるほどの反響に!

スクリーンショット 2017-12-29 16.48.56

スクリーンショット 2017-12-29 16.49.30

お客様の中に朽木誠一郎さんというウェブライターの方がいて、100日間で12kgのダイエットに成功後、そのあたりの内容を記事にされたのですが、それがYahoo!Japanに掲載されるほどの反響となりました。

>>100日で12kgのダイエットに成功した「食事制限」と「適度な運動」の10のコツ

ダイエット中のポイントなどが詳細に書かれている記事なので、「D’ACTIONに通うとこうなる」というイメージを持って頂けるかもしれません。

他にはどんなお客様が通われているんですか?

(三宅トレーナー)
D’ACTIONではナチュラルということを重要視していて、例えば緑を多めに置いたり、自然な気持ちでお客様がエクササイズできるように店舗内を清潔に保つということを徹底しています。

そういう心がけが作用しているのか、全員が陸上競技出身のトレーナーというプライベートジムですが、女性のお客様が7割と半数を超えています。

お客様は大きく「ダイエット目的の方」「健康的に筋力をアップしたい方」「マラソンの大会に出場されるような一般のアスリートの方」の3つのタイプに分かれます。

D’ACTIONの店舗写真 

20171117-DSC_035320171117-DSC_049920171117-DSC_050320171117-DSC_050620171117-DSC_051720171117-DSC_053620171117-DSC_053420171117-DSC_047720171117-DSC_0479

編集後記

20171117-DSC_0664

D’ACTIONさんは、何と言ってもトレーナー全員が陸上競技のプロフェッショナルであることがウリのジムだと感じました。

歩き方や走り方、姿勢まできちんと指導してくれて、その結果として何がどう変わるかまで教えてくれるプライベートジムというのは唯一無二の存在です。

見た目が一時的に変わるだけではなく、ナチュラルアスリート体型・体質を手に入れることができ、運動が習慣化できる点も大きなポイントではないでしょうか。

都内でダイエットジムを検討をされている方にとって、D’ACTIONは候補に入れるべきジムです!

>>D’ACTIONの体験レポート記事もどうぞ!
歩き方も改善、トップアスリートのサーキットトレーニングを体験!

いいね!して、ダイエットの最新記事を受け取ろう。

小川 敬司

ダイエットコンシェルジュ 新規ジム開拓責任者


小川 敬司

日本で唯一、全国のダイエットジムを検索できるサイト 「ダイエットコンシェルジュ」新規ジム開拓責任者。 世の中には多くのダイエットメソッド、商品が増え続けているのに、体型に悩む人が減っていない。その現状をメディアという立場で打開するべく、 ダイエット業界のプロフェッショナルに日々インタビューを重ね、リアルな情報を発信中。 「ダイエットトレーナー」「ダイエットジム」の存在を広めることで、1人でダイエットに悩む人をなくしたい。

この執筆者の記事一覧を見る

インタビューのまとめ一覧SAME AUTHOR POSTS

一覧を見る

ダイエットキーワードDIET'S KEYWORDS

よく読まれている話題の記事POPULAR POSTS

一覧を見る

コラムカテゴリCOLUMN CATEGORIES

gym_merit
gym_merit