gotoトレーニングキャンペーンのバナー
 

男性のトレーニングにオススメのパワフルEMS

2021.4.1

年齢と共にせり出してきた腹をなんとかしたい。
ガリガリの身体を逞しくしたい。
とにかく力強くエネルギッシュな身体が欲しい。

そんな希望に応える機器として注目を集めているEMS。

EMSは、電気の力で筋肉に刺激をあたえ、筋肉の発達をうながす機器です。

腹筋や腕、脚など、気になる部位をピンポイントで鍛えることができ、さらに運動と組み合わせることでトレーニングの効果・効率を大きく引き上げることもできるとして話題を集めています。

ここではそのEMSについて、どういう原理でどんな効果があるのか、そしてどこまでの効果が期待できるのかを改めて解説し、そのうえで男性向けのオススメEMS機器をまとめていきます。

EMSを使ってみたい人、EMS選びに迷っている人の参考になれば幸いです。

そもそもEMSとはどんな機器なのか

EMSは、Electrical muscle stimulationの略で、「電気的筋肉刺激」という意味です。

つまりEMSは、言葉としては電気によって筋肉を刺激すること自体を指すわけですが、現在では、そうした機能を持つ機器を直接指す言葉としても定着しています。

そしてまずは、そのEMS機器の原理や効果をお伝えします。

EMSの原理

まず、筋肉は収縮することによって力を発生させる運動器官です。

その筋肉が収縮(筋収縮)するためには、脳からの命令を中枢神経を通して活動電位として筋肉に伝えるという経路をたどりますが、EMSはこの活動電位を模倣することで筋収縮を起こし、運動へと繋げる機器になります。

つまりEMS機器を装着し、電気によって筋肉を刺激すると筋収縮が起こり、運動効果が得られるわけです。

このEMSの技術は約40年ほど前から研究及び実用がなされており、たとえばアスリートのパフォーマンスアップやケア、リハビリテーションの現場、さらには宇宙飛行士の無重力下でのトレーニングなど、様々な分野で活用されています。

参考:wikipediaより「Electrical muscle stimulation

EMSの効果

EMSは筋肉を刺激して運動効果を得る機器です。

そのためEMSで期待できる効果は、筋肉発達のサポートとなります。

装着するだけで運動効果が得られるため、忙しくて運動する時間が持てない人や、
思うように身体を動かせない人も、気軽に運動効果を得ることができます。

また、EMSは電気刺激であるため、電気を通さない性質を持つ脂肪には直接的な効果はなく、脂肪を減少させる効果はありませんが、しかし筋肉を発達させることによって間接的なダイエット効果を得ることはできます。

なぜなら、筋肉が増えれば基礎代謝量のアップに繋がるため、より多くのエネルギーが消費されるようになるからです。

そしてこれらのことが、EMSがダイエットやボディメイクに活用されている理由となります。

EMSはどんな人に向いているのか

EMSは、その用途や目的によって様々な製品が発売されていますが、大まかに分類すると「装着したまま運動できるタイプ」と「装着した状態で運動しないタイプ」に大別されます。

EMSは筋肉に電気を伝えるその性質上、狙った部位の皮膚に付属のパッド(シート)をしっかりと密着させる必要があるのですが、そのパッド部分が動いても問題なく密着している機能を持つ『運動との並行利用を想定して開発された製品』と、動くとパッド(シート)がズレたり剥がれてしまう『動くことを想定としていない製品』があるからです。

装着したまま運動できるタイプは、簡単な運動でダイエット効果を得たい人や、短時間の筋トレで効率的なボディメイクを実行したい人に向いています。

逆に装着した状態で運動しないタイプは、何らかの理由で運動ができない人や、運動する時間がとれない人、または装着した後に軽い運動がおこなえる人に向いています。

具体的に言うなら、本格的なダイエットやボディメイク、スポーツのパフォーマンスアップなどに取り組みたい人には前者の動けるタイプ。

リモートワークの最中や、テレビを見ながら腹筋などを鍛えたい人、ウォーキングやランニングなど有酸素運動の習慣がある人には後者の動かないタイプが向いています。

EMSの弱点はなにか

EMSは筋肉に電気の力で刺激をあたえる機器のため、装着方法や使用方法が正しくないと効果が出なかったり、ピリピリとした違和感を強く感じることがあります。

それぞれのEMS機器の説明書を熟読し、正しく使う必要があります。

また、EMSの弱点は、やはり実際に自分自身でしっかり行う筋力トレーニングと比べてしまうと、効果が遅い点です。

そして実際のトレーニングでもそうですが、効果を出すためにはEMSもまた焦らず気長に継続使用する必要があります。

ただ補足すると、自分自身でおこなうトレーニングとEMSを組み合わせる場合は、単に運動をおこなうよりも、もちろんEMS単体を使用するよりも、トレーニングの効率と効果の面においてより大きな成果が期待できます。

参考:「【EMSとは?】EMSがわかる!効果・メリット・デメリットなどを詳しく解説

自分に合ったEMSを選ぶポイント

「EMSを使ってみたい」と思っても、いざ探してみると余りにも多種多様な製品があるため、迷ってしまうことがあるかもしれません。

そんな時、判断するための簡単なポイントをお伝えします。

自分の目的に合致するものをまず選ぶ

EMSは鍛える部位によってさまざまなタイプがあります。

・全身を一気に鍛えたいなら「スーツタイプ」
・腹筋や腕など、鍛えたい部位が決まっているなら「部位専用タイプ」
・1台のEMSをいろいろな部位に使いたいなら「自分で貼る位置を決めるパッド独立タイプ」

スーツタイプは複数の部位を一度に鍛えられ、筋トレやカーディオマシンなどとも併用して使用できることから、多くのフィットネスクラブやパーソナルトレーニングジムでも導入されています。

そして今までは比較的高価な製品が多かったのですが、個人で買えるリーズナブルな家庭用EMSスーツも登場し始めています。

腹筋や腕などに特化したタイプは、その部位にしか使えないことが多く、かつ運動と併用できないものが多いのですが、装着が楽で手間がかからないという魅力があります。

そしていろいろな部位に活用できるパッド独立型は、「今日は腹、明日は腕」と自由に活用できますが、毎回自分で装着する位置を決める手間があり、そしてこちらも基本的に運動と併用できないものが多い傾向にあります。

運動効果を高めて目標に早く到達したい、気になる部分をピンポイントで引き締めたいなど、自分の目的に合ったタイプのEMSをまずは定めてください。

信頼できるメーカーの製品を選ぶ

EMSは電気を使って筋肉を刺激する機器ですので、やはり保障がしっかりした製品を選びたい。

そのためには、やはり信頼できるメーカーの製品を選ぶことが大切です。

メーカー選択の指針としては、以下の3点をチェックポイントにしてみてください。

そのうえで、サイトの口コミなども参照してみることをオススメします。

・医療機器メーカーである
・エステなどに卸す業務用美容機器メーカーである
・上場企業である

男性にオススメのEMS機器

ここからは、男性にオススメのEMS機器を、具体的にいくつかご紹介していきます。

あなたのEMS選びのヒントになれば幸いです。

効率的・効果的に全身を鍛えたい人のための「スーツタイプEMS」

カラダにフィットするウェアに電気刺激を与えるパッドが埋め込まれた、さまざまな部位のトレーニングが一度にできるEMSです。

スーツタイプは運動を並行して行うことを想定して開発されたものが多く、体力・持久力アップや、全身を効率的に鍛えたい人にオススメです。

●Active(株式会社Dream box)

おなか・背中・腕・太もも・おしりなどを一度で刺激できるEMSスーツです。

体幹のインナーマッスルにアプローチでき、身体のコンディショニングも期待できます。

スーツを着用したまま運動することができるため、筋トレや有酸素運動との併用が可能。

1日30分の使用で、より効果的にトレーニングをサポートします。

また、汗をかいても丸洗いできるため、ニオイなども気にせず清潔に使えます。

◆特長
・30分で全身を一気にトレーニング
・運動しながらEMSトレーニング
・ジェルパッドなどの消耗品なし
・自宅の洗濯機で丸洗いできる
・カンタン操作(強度調節、部位選択のみ)
・サイズ展開豊富(3XS~2XL)
・レンタル可能(6か月以上のレンタル後返却可能)
・最大1年保証(EMSスーツ半年、コントロールボックス1年)
・充電式で電池交換いらず

通常価格198,000円(税別)ですが、下のリンクから48,000円オフの特別価格で購入できます。また、安価なレンタルもあります。

Dream box『Active』の詳細はこちら

●Easy Motion Skin🄬(株式会社ウェルネスフロンティア)

ドイツ生まれのEMSスーツ。
世界31か国で展開し、フィットネスクラブやパーソナルトレーニングの現場などで導入されています。

ウォーキングやランニングなどの運動と組み合わせて使用可能。

トレーニングプログラムは30種類以上用意されているほか、自分でトレーニングプログラムを作ることも可能です。

◆特長
・iPhoneやiPadのアプリをリモコンがわりに使用可能
・アプリでトレーニングプログラム作成、管理可能
・レンタル可能(期間は選択可能)
・抗菌性にすぐれた素材使用
・洗濯可能
・ジェルなどの消耗品不要
・充電式で電池交換いらず

おなかにピンポイントで利かせたいなら腹筋用EMS

EMSを一般に広めるきっかけになったのは、このタイプのEMSです。

おなかの筋肉を鍛えることに特化した形となっており、ベルトのように腰に巻くタイプや、複数の粘着パッドが内側についたマシンをおなかに貼るタイプなどがあります。

内臓脂肪などを減らすためには食事の見直しや有酸素運動が必要ですが、EMSによる腹筋トレーニングによって、それらのダイエットをサポートする働きも期待できます。

●SIXPAD Abs Fit2(MTG)

サッカーのクリスティアーノ・ロナウド選手の起用で話題になったSIXPAD(シックスパッド)。

腹部に貼りつけて使うAbs Fit2は、6つのEMSパッドで腹筋に集中して働きかけます。

監修にはEMSについて40年以上研究を行う、京都大学名誉教授の森谷敏夫氏も参加。

EMS特有のピリピリとした痛みを抑えつつ、効率的にトレーニングできる20Hzの周波数で働きかけます。

◆特長
・痛みを感じにくい独自波形
・刺激レベル20段階
・トレーニング管理用アプリあり
・充電式で電池交換いらず
・1年品質保証

●もてケア Pro(マクセル)

モバイルバッテリーや美容家電などでおなじみのマクセルによるEMSパッド。

腹筋を中心に、腰まわりや太ももにも使用できます。

10分、15分、20分の3種類のトレーニングモードが搭載され、すきま時間や思い出したときにトレーニング可能。

刺激の強度も25段階まで設定でき、パワフルに刺激してくれます。

◆特長
・刺激レベル25段階
・時間に合わせた3種類のトレーニングモード
・本体をしっかり固定するフィッテイングベルト付属
・充電式で電池交換いらず
・1年品質保証

太ももやおしりを鍛えるEMS

太ももとおしりには、人体の筋肉の中でも特に大きい”大腿四頭筋”と”大臀筋”があります。

そのため、ここを鍛えることで効率的な総筋肉量アップが期待できます。

また、長時間のデスクワークなどで運動不足になると衰えやすい部位でもあるため、日常的に歩く力をパワーアップしたい人のトレーニングにもオススメです。

●SIXPAD Foot Fit Plus(MTG)

足の裏からふくらはぎ、太ももまで1回でアプローチするEMS。

足裏用のパッドに足を乗せ、太ももにジェルシートが付属したベルトを巻けば準備完了です。

足をのせるだけで下半身を強化できるので、在宅勤務でデスクワークが立て込んでいるときにも使いやすく、手軽に生活にとり入れられます。元気に歩き続ける高齢者のサポートにも効果を発揮するので、両親へのプレゼントなどにもオススメ。

◆特長
・痛みを感じにくい独自波形
・刺激レベル20段階
・トレーニング管理用アプリあり
・充電式で電池交換いらず
・1年品質保証

●プレスリム EMS ヒップアップパッド

4つの幅広パッドでおしり全体をつつみ込み、トレーニングしてくれるEMS。大臀筋はもちろん、その後ろにあるインナーマッスルの中臀筋や、骨盤を安定させる小臀筋も鍛えます。

肌への負担が少ない日本製ジェルを採用。6種類のモードから好みのトレーニングを選べます。

◆特長
・刺激レベル18段階
・リモコンつき
・6つのモードでおしり全体にアプローチ
・座りながらの使用可能
・1年品質保証

逞しい腕を目指す人の腕用EMS

腕の筋肉はひじを曲げる上腕二頭筋と、ひじを伸ばす上腕三頭筋です。

スマホやキーボード操作などで長時間腕を曲げた体勢が続きやすい現代人は、特に上腕三頭筋が衰えがちです。

上腕三頭筋を鍛えれば、腕の内側のもたつきが解消され、腕を引き締めると共に逞しい腕も目指せます。

●SIXPAD Arm Belt(MTG)

動かすことが多い二の腕に装着しても、ずれにくいベルトつき。

ソフトシリコンのパッドは約3mmの薄さで、家事程度の動きであれば着用していても邪魔しません。

ベルトを装着した上から服を着ても違和感が少ないので、在宅勤務中に装着して仕事することも可能。

ほかのSIXPADシリーズと同じく、痛みを感じにくい独自波形の周波数。モチベーション管理に適したスマホアプリにも対応しています。

◆特長
・痛みを感じにくい独自波形
・刺激レベル20段階
・トレーニング管理用アプリあり
・充電式で電池交換いらず
・1年品質保証

気になる部位にいろいろ使えるEMS

汎用型のEMSは、EMS本体とパッド部分をコードで繋ぐタイプが多いのですが、本体とパッドが一体になった便利なEMSも存在します。

腹はもちろん腕、太ももなど、気になる部位に自由に使えるのが最大のメリットです。

また、同じものを2台持っておくと、トレーニングの幅が広がります。

●SIXPAD Body Fit2

SIXPADシリーズの中で、さまざまな部位につけられる製品。

シンプルな2ウイングで、ウエスト、脚、腕のすきな場所にEMSを働きかけられます。

刺激レベルは20段階で調整可能で、自分に合った刺激レベルを細かく選べます。

◆特長
・痛みを感じにくい独自波形
・刺激レベル20段階
・トレーニング管理用アプリあり
・充電式で電池交換いらず
・1年品質保証

●トレリート🄬EM300(東レ)

パッドが1枚ずつ独立していて、貼る部位も貼る位置も自分好みに決められるEMS。

身体の部位ごとに最適な周波数、トレーニングメニューを設定してくれます。

出力レベルが45段階と多く、きめ細かく自分の状態に合わせたトレーニング強度を設定できるのも魅力のひとつ。

電源は乾電池なので、充電時間なしで使えます。

◆特長
・どの部位もこれ1つで鍛えられる
・刺激レベル45段階
・乾電池式なので充電不要ですぐ使える
・1年保証

まとめ

ダイエットやボディメイク、筋肉の強化や体力アップなどに活用できる、男性に向けたパワフルなEMS機器をご紹介しました。

通常のトレーニングと同様に、EMSによる効果もまた継続すること、使い続けることで得られるものです。

無理なく毎日の生活の中にとり入れられるEMSを選び、どうぞ理想の身体を手に入れてください。