全国のダイエットジム検索〜ダイエットはプロのダイエットトレーナーと共に

島根のパーソナルトレーニングジム

島根県は、日本海側に面した本州西部に位置しており、水産業の盛んな県である。出雲大社が広く知られており、松江城・宍道湖・隠岐の島などの観光地を抱えている。出雲大社は10月に八百万の神々が集まる場所と言われており、一般的に10月の旧月名は神無月(かんなづき)と呼ばれるのに対し、出雲だけは神在月(かみありづき)と呼ばれることでも知られている。大国主大神を祀る神社であり、縁結びの神様がいる場所としても知られ、建物は出雲大社本殿が国宝に指定されている。

県庁所在地である松江には「ゆきおんな」などで知られる小泉八雲ことパトリック・ラフカディオ・ハーンが居住していた時期があり、市内には現在も小泉八雲記念館が存在する。松江城は山陰エリアで唯一天守が現存している城である。天守閣が国宝にされており、その天守からは眼下に広がる宍道湖を一望することが出来る。

松江城からほど近い場所にある宍道湖は汽水湖であり、特に隣の中海とつながった日本では見ることの少ない連結汽水湖となっている。汽水湖のため魚の種類も豊富で、中でも特にしじみの生産量日本一を誇っていたが、塩分濃度の低下などの問題が発生し、現在ではしじみの漁獲高は激減している。日本海に浮かぶ隠岐の島とは、島前(知夫里島・中ノ島・西ノ島の3島を指す)と島後(島後島)に分かれた4島のことを指している。

この島には縄文早期から人が住んでいた形跡があり、日本神話「因幡の白兎」の舞台とも言われている。古くから流刑の島とされており、後鳥羽上皇・後醍醐天皇などが流された歴史がある。

島根の人気ジムTOP1