全国のダイエットジム検索〜ダイエットはプロのダイエットトレーナーと共に

日本橋・銀座・勝どきのパーソナルトレーニングジム

銀座は、東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線が乗り入れている、日本のビジネスや商業の中心的なスポットです。 江戸時代には銀貨鋳造所が建てられ、銀貨をつくる座組織や取り扱い・管理などを行ったことから、多くの人々から「銀座」と呼ばれるようになりました。

明治時代には銀座一帯が焼失するなど、2度の大火を経験したことで煉瓦造により造られた銀座煉瓦街や道路の拡張工事が行われています。 関東大震災後にも、煉瓦造りの建物はほぼ全てが全壊してしまい、その後の火災によって消失してしまいます。 復興後の銀座には多くのデパートや店舗が進出し、明治14年には現在では銀座の顔をして知られる銀座和光の前進である、服部時計店(現在のセイコーホールディングス)として創業され、改築を繰り返し現在に至ります。

現在の路線価の日本一を誇る銀座5丁目鳩居堂前の地価は1㎡あたり4,432万円。公示地価の日本一は銀座4丁目の山野楽器で、価格は1㎡あたり5,550万円と、30年以上に渡り日本の最高地価を持つ場所として君臨しているエリアでもあります。この地価の高さから、高級なイメージの漂うエリアとして、多くの一流ブランドが先を争って路面店を連ねる場所としても有名です。 また、東銀座にある歌舞伎座は1889年(明治22年)に近代劇場として造られ、その後の火事などで幾度かの消失と再建を経て、2013年にはオフィスビルを併設した、歌舞伎の殿堂としての現在の歌舞伎座が完成しています。