全国のダイエットジム検索〜ダイエットはプロのダイエットトレーナーと共に

秋葉原・水道橋・市ヶ谷のパーソナルトレーニングジム

秋葉原は一般的に万世橋・和泉橋からJR・東京メトロ・東京新都市交通の秋葉原駅を経て、東京メトロ銀座線の末広町駅周辺、蔵前橋通りまでのエリアことを指します。かつては万世橋に国鉄中央本線の始発駅があったため、現在とは違い万世橋周辺が特に栄えているエリアとなっていました。ですが関東大震災の際に特徴的だった赤レンガづくりの駅舎が倒壊してしまったことと、復興都市計画による交通の変化(須田町交差点の移転など)により利用者が激減してしまい、「交通博物館」(現:マーチエキュート神田万世橋)が併設され、駅としては休止となりました。これらの経緯が今の秋葉原の発展を作る礎となっています。

現在の秋葉原といえば「サブカルチャーの街」として認知されていますが、かつてはラジオ・無線・電子部品、家電の卸売の店等が並ぶ「電気街」として発展した街でした。かつてはアキハバラデパートに無線機器のお店が所狭しと入居していましたが、2006年の建て替えによる取り壊しにより、現在は秋葉原ラジオセンターや秋葉原ラジオ会館に移転しています。

そして1997年頃から始まった「秋葉原地区再開発計画」により、電気街口北側の駅前広場(バスケットコート)が閉鎖され、秋葉原クロスフィールド内に秋葉原ダイビルや秋葉原UDXビルが建設されました。今の秋葉原は「サブカルチャーの街」という面と「IT産業の最先端の街」としての発展が見込まれています。

絞り込み検索