全国のダイエットジム検索〜ダイエットはプロのダイエットトレーナーと共に

浦和のパーソナルトレーニングジム

江戸時代には、大宮と同じく、中山道の宿場町として栄えて、現在では約54万人の人口を抱える県内最大の県庁所在地になりました。1923年の関東大震災以降、被害が小さく東京にもアクセスがいいということで、多くの画家が移り住みアトリエを構えたことで、文学者が多く暮らす鎌倉市と合わせて「鎌倉文士に浦和画家」と言われており、街が活性化しました。県内2位の利用者数を誇る浦和駅には、宇都宮線・高崎線、湘南新宿ライン、京浜東北線が乗り入れており、生活を支える重要な駅です。

駅前には、雨に濡れずに移動できるようにと屋根が設置されている「浦和パルコ」や、浦和レッズレッドボルテージなどのオフィシャルショップがある「アトレ浦和」、浦和レッズに関するイベントで盛り上がる「浦和コルソ」などの商業施設があり、「県都の玄関口」として非常に栄えています。駅前には、古くからの文教都市としてのイメージを守るため、繁華街や居酒屋が多い雰囲気はなく、高級店や高級住宅地が立ち並びます。また、埼玉スタジアムを本拠地として活躍をするプロサッカークラブ「浦和レッズダイヤモンズ」があり、クラブカラーはレッドです。観客動員数と営業収入は、Jリーグ加盟クラブ内で長年最高の数字を出しており、経済波及効果は、2006年において埼玉県内で年間127億円を記録しました。

なにより、国内三大タイトルである(天皇杯全日本サッカー選手権大会など)をすべて獲得しており、実績の備わったクラブチームです。全国高校サッカー大会でも、浦和高校や浦和西高校などが数多くのタイトルを獲得したことで、静岡県・広島県と共に「サッカー御三家」と称されており、サッカーの好きな人が多い地域です。