全国のダイエットジム検索〜ダイエットはプロのダイエットトレーナーと共に

沖縄のパーソナルトレーニングジム

沖縄県は日本で一番西にある県であり、東京から沖縄の県庁所在地である那覇までの距離は直線距離で1,556kmと、本州からひときわ離れた場所に位置する県である。県内は、県庁所在地でもある那覇・沖縄第2の都市沖縄・本島北部の街名護・本島南部の街糸満などの本島の街と、慶良間諸島・石垣島・宮古島・西表島・日本最西端の島与那国島などの島から構成されており、県民のおよそ9割は本島に集中している。

エメラルドグリーンの海が特長的で、マリンリゾートとして世界中からダイバーをはじめとする観光客を集める沖縄県。色とりどりのサンゴ礁の魚が泳ぐポイントから、ダイナミックな回遊魚の泳ぐ姿を観ることができる外洋エリアまで、ダイバー垂涎のスポットが満載で、人気の魚・マンタ(オニイトマキエイ)の遭遇率も高い。本島の有名な観光地としては、那覇にある「牧志の公設市場」・「首里城」・南部の街糸満にある「ひめゆりの塔」などがある。実際に地元の食糧庫として活躍している「牧志の公設市場」には色鮮やかな熱帯の魚が並び、てびち(豚足)やチラガー(豚の顔の皮)など、他の場所ではあまり見ることのない食材が並んでおり、見ているだけでも楽しめる。首里城はその朱色の外観が印象的な琉球王国の城跡であり、現在は国営沖縄記念公園の一部として都市公園となっている。世界遺産として登録されているが、登録された遺産の内容が「首里城跡」であるため、復元された建物などは世界遺産とはされていない。

本島南部にある「ひめゆりの塔」は、第2次世界大戦末期に起こった沖縄戦において、沖縄陸軍病院第三外科に置かれた第三外科豪内にて繰り広げられた、凄惨な戦争の爪痕を今に残す記念館である。看護要員として従軍した女生徒たちの手記が展示され、当時の壕の様子を再現した展示も公開されている。

絞り込み検索