全国のダイエットジム検索〜ダイエットはプロのダイエットトレーナーと共に

香川のパーソナルトレーニングジム

瀬戸内海に面した香川県は、面積が日本一小さな県として知られており、うどん県として名乗りを上げるほどうどんの消費量の多い県です。一人あたりのうどん消費量は日本一で、県内にあるうどん店の数はコンビニの数よりも多く、680店と言われています。 2011年には、香川県庁と香川県観光協会が全面的に推しだした観光キャンペーン「うどん県」をスタートさせ、定期観光バス「うどんバス」や「うどんタクシー」を利用することで、讃岐うどんのお店と観光地を一緒に巡ることができます。

香川を代表する観光地の一つとして、高松城が人気を集めています。 高松城は瀬戸内海に面した地形を活かして、堀に海水を引き込み、別名「玉藻(たまも)城」ともいわれており、豊臣秀吉の家臣、生駒親正が完成させました。 近くにある「高松シンボルタワー」の30階の展望スペースは無料で開放しており、高松城や高松市内を一望できる観光スポットとして人気を集めています。 高松城を築城した生駒親正は、高松城のほかに丸亀城も築城しています。 この丸亀城は、日本一高い石垣の城として「石垣の名城」とも呼ばれて親しまれています。

近くには、本州と四国を結ぶ「瀬戸大橋」が架けられています。鉄道も通っており、2015年「世界一長い鉄道道路併用橋」としてギネス世界記録に認定され、2017年日本の20世紀遺産に選定されました。 これらの観光地は、高松琴平電気鉄道会社の3つの路線で結ばれており、マスコットキャラクターである「ことちゃん」が愛されています。

金刀比羅宮は、仲多度郡琴平町の象頭山に位置する神社であり、「こんぴらさん」という名前で親しまれています。 海上交通の守り神として、漁師・船員など海事関係者より信仰されており、境内の絵馬には航海の安全を祈願したものが多く見られます。 江戸時代に庶民が旅をすることが禁じられていましたが、社寺への参拝の旅はできました。

そのため、「一生に一度はお参りしたい場所」として、金刀比羅宮への「こんぴら参り」が全国に知られ、多くの人々の憧れの的になりました。 現在では、長く続く参道の1368段ある石段では、例大祭に合わせて、石段を利用した「こんぴら石段マラソン」が開かれています。 四国八十八箇所の霊場のうち、66番札所から88番札所までの23の霊場がある香川には、うどんだけでなく、空海にゆかりのある88か所の寺院もあり、歴史のある県です。

香川の人気ジムTOP1


香川の有名ジム