全国のダイエットジム検索〜ダイエットはプロのダイエットトレーナーと共に

リアル体験

《体験レポート》最新機器で痩せやすく、疲れにくい体幹を作るトレーニングを体験!

小川 敬司

ダイエットコンシェルジュ 新規ジム開拓責任者


小川 敬司

2018/09/20

「体幹を鍛えれば、痩せやすくなるって聞いたんだけど本当?」

そんなあなたの疑問を解消してくれるパーソナルジムをご紹介させてください。

東京の恵比寿・代官山と兵庫の芦屋に展開する「ZONE」です。

私生活から痩せやすく疲れにくい体幹を作ることのできるトレーニングを受けられる。

今回は、そんなZONEのトレーニング指導を体験!

人気の理由を探ってきました。

こちらのトレーナーから指導を受けてきました。

20180722-DSC_10411

20180722-20180722-DSC_10293_0819111411

山本 祐生(Yusei  Yamamoto)
 ZONE 看板トレーナー

《資格》日本ダイエット協会認定生活改善アドバイザー。
学生時代から野球、バスケットボール、夏はサーフィン、冬はスノーボードと常にスポーツにアクティブに取り組む。健康的に痩せるメソッドを考案。お客様のセーフティネットのような存在であり続けたいと真摯に向き合う心優しいトレーナー。
 

今回は体の変化を楽しみながら、体幹を鍛えるトレーニングを体験してきました!

20180722-DSC_10852

 

 

有酸素運動はバイク!心拍数を上げて筋トレ効果をアップ!

20180722-DSC_10454

今回小川が挑戦したのは、カラダの変化を楽しみながら、私生活から痩せやすく疲れにくい体幹を作るトレーニング。

スクワットなど通常のメニューをこなす時でも「体幹がしっかりしていないと、姿勢が良くてもよろけたりしてしまうので、体幹トレーニングはとても重要です」(山本トレーナー)とのこと。

そして、体幹を鍛えることで他のエクササイズをする効果も格段にアップするので良いことづくめなのだとか。

20180722-DSC_10400

まずは、ZONEさん独自の心拍計ウォッチを腕に巻いてもらいます。

心拍数はもちろん、体重、体脂肪、筋肉量を計測できるほか、一人ひとりで異なる最適な心拍数や消費カロリーまで表示される最新の機器です。

20180722-DSC_10440

心拍計を装着したところで、早速はじめの種目・バイクに挑戦です。

バイクはトレーニング前に心拍数を上げるための種目で、運動効果を高める適正な数値まで持って行きましょう」(山本トレーナー)と説明を受けます。

20180722-DSC_10416

「カラダの中で最も大きな筋肉が太ももですので、まずは下半身の強化目的で太ももに負荷をかけた状態で走ってもらいます」とのこと。

20180722-DSC_10450

普通のロードバイクの感覚で漕ぎ始める小川、次第に負荷がかかり、程よい疲れとともに心拍数が上がっていきます。

20180722-DSC_10466

終了後にすぐ山本トレーナーから「ここで水分補給しましょうか」と声をかけてもらいます。

トレーニングに夢中で忘れてしまうお客様もいるそうなので、必ずお声がけするのだとか。

20180722-DSC_10471

トレーニング中の汗を拭くタオルもZONEさんでは貸してもらえるのが嬉しいです。

 

体幹を鍛えるトレーニング!プランクは腹筋に効かせる姿勢がポイント!

20180722-DSC_10507

バイクで適度に心拍数を上げて準備万端の小川、いよいよ核となる体幹トレーニングのセクションがスタートします。

まずはプランクから。

20180722-DSC_10483

プランクは腹筋に効かせる動作なのですが、間違えた姿勢で行うと腕を痛めてしまいますので、腹筋を意識してもらうための準備をします」(山本トレーナー)と言われ、膝立ちをします。

20180722-DSC_10491

ここで思い切り鼻から息を吸い込みお腹を膨らませたあと、今度は口をすぼめて空気を抜いていきます。

20180722-DSC_10495

それによりお腹に力が溜まるのが分かるのですが、プランクではその状態をキープするのがポイントとのこと。

20180722-DSC_10524

お腹に力が溜まった感覚のままプランクをすることで、綺麗な姿勢を作ることができ、体幹を鍛える効果も上がるのです。

20180722-DSC_10532

60秒間と長めのプランク、「姿勢が綺麗ですね。バッチリです!」と言われた小川、

20180722-DSC_10510

心拍計ウォッチを見ると心拍数も上昇しましたが、なんとか60秒持ちこたえることができました。

 

体幹トレーニング、バーピージャンプで心肺機能向上、スタミナアップ!

20180722-DSC_10579

プランクで心拍数が適度に上がった状態で、次の種目・バーピージャンプに移行です。

バーピージャンプは「心肺機能が向上するトレーニングなので、スタミナがアップしたり、日常生活で疲れにくくなったりという効果があります」とのこと。

20180722-DSC_10548

山本トレーナーが見本を示してくれます。

まずは腕立て伏せの状態から、

20180722-DSC_10559

ジャンプして、

20180722-DSC_10556

手と手の間に足を入れます。

20180722-DSC_10563

そこから上にジャンプして、着地後はスタートの姿勢に戻ります。

これをひたすら繰り返すのがパーピージャンプで、見てすぐにハードなトレーニングであることがわかります。

20180722-DSC_10583

小川もやってみること。

腕立て伏せの状態から

20180722-DSC_10575

ジャンプして

20180722-DSC_10576

両腕の間に足をセット。

20180722-DSC_10587

そこから思い切り跳ね上がります。

20180722-DSC_10621

これを回数ではなく20秒間、全力で行ったのですが息切れが凄くて学生時代の部活動を思い出しました。

 

体幹トレーニング、全身連動のフローインでカラダを自由自在に!

20180722-DSC_10676

体幹を鍛えるトレーニング、続いてはフローインという種目。

特殊な加工を施した適度に滑るマットと足の下に置く特殊素材のパッドを使います。

全身を連動させた体幹トレーニングで、摩擦トレーニングやスライドトレーニングとも呼ばれており、サッカー日本代表の長友選手が取れ入れたことでも有名です。

このフローインではカラダが自由自在に動くので、様々な動作ができるようになるとのこと。

20180722-DSC_10644

軸足と逆側の足をパッドの上に乗せた状態から、

20180722-DSC_10646

足を後ろにスライドさせるように下げていくのですが、

20180722-DSC_10655

下げきった状態のとき、上半身が前後に倒れたりしないよう姿勢を保つのがポイントです。

20180722-DSC_10662

小川もやってみます。

「肩甲骨を締めて、胸をぐっと張るのがコツで、スクワットと同じように膝が前に出ないようにしましょう」と教わり、

20180722-DSC_10670

なんとか左右ともに10回やり切ることができました。

20180722-DSC_10777

続いては横になってお尻を上げた状態から、両足にパッドを置いて

20180722-DSC_10782

スライドさせる動きです。

20180722-DSC_10816

見た目は地味ですが、お尻を上げた状態なので腹筋に効いてきます。

20180722-DSC_10819

確実に腹筋に効いているのが分かるエクササイズ。

20180722-DSC_10856

見た目の10倍はきつくて、足が攣りそうになる苦しさで、心拍数も124まで上がってきました。

20180722-DSC_10862

フローイン、最後のエクササイズは両手の下にパッドを置きます。

20180722-DSC_10866

両手をスライドさせ全身を伸ばしていく運動で、

20180722-DSC_10874

インナーマッスルを使います。

20180722-DSC_10902

山本トレーナーのサポートのもと、

20180722-DSC_10904

10回コンプリートすることができました。

ラストは腹筋トレにも挑戦、

20180722-DSC_10995

台の上に横になった状態から

20180722-DSC_11007

足を引き寄せ、

20180722-DSC_11006

垂直に上げます。

20180722-DSC_11064

満身創痍の小川、20回終わった瞬間にこの表情。

20180722-DSC_11077

ここまでですでに165Kcalを消費していたのでした。

 

締めはマシントレーニング、!

20180722-DSC_11160

体幹トレーニングでバテバテの小川、最後はマシントレーニングということでベンチプレスを行いました。

20180722-DSC_11121

山本トレーナー曰く「肩甲骨を寄せて腕と肩でアーチのような状態を作り上げることで、

20180722-DSC_11116

腕や肩に負荷がかかりすぎない姿勢を作ることができる」とのこと。

なるべく早く上げ下げしたほうが成長ホルモンの分泌を促してくれるそうです。

20180722-DSC_11146

教えてもらった通りにやってみると、

20180722-DSC_11156

余計な負荷を感じずにバーを持ち上げることができました。

20180722-DSC_11205

バイク、体幹トレ、マシントレと3種類を体験した今回のトレーニング、終了後にはプロテインも頂くなど本当に至れり尽くせりのホスピタリティを感じる取材でした。 

 

ZONEの店舗写真

20180722-DSC_1000820180722-DSC_1001220180722-DSC_1001020180722-DSC_1011120180722-DSC_1010620180722-DSC_1119220180722-DSC_1001620180722-DSC_1001820180722-DSC_10026

 

編集後記

20180722-DSC_10615

体幹トレーニングは、心拍数の変化が心拍計で確認できる上に、カラダに効いてるのが運動中にも感じられたので、十分効果を感じられる内容でした。

また、運動直後にプロテインが提供されたり、お手洗いから戻った瞬間にすぐ着替えがセットされていたり、本当に素晴らしい接客力でまるでホテルを訪れたような感覚でした。

ホスピタリティの高いトレーナーからトレーナーから指導が受けられるというのがウリですねZONEさんは。

素晴らしい接客と最新機器による体幹トレーニングでダイエットを成功させるには、本当に心強い味方となるジムだと思います。

気になった方は、ぜひ気軽に無料カウンセリングに行ってみてください!

 

↓体験予約もこちらから↓

小川 敬司

ダイエットコンシェルジュ 新規ジム開拓責任者


小川 敬司

日本で唯一、全国のダイエットジムを検索できるサイト 「ダイエットコンシェルジュ」新規ジム開拓責任者。 世の中には多くのダイエットメソッド、商品が増え続けているのに、体型に悩む人が減っていない。その現状をメディアという立場で打開するべく、 ダイエット業界のプロフェッショナルに日々インタビューを重ね、リアルな情報を発信中。 「ダイエットトレーナー」「ダイエットジム」の存在を広めることで、1人でダイエットに悩む人をなくしたい。

この執筆者の記事一覧を見る

リアル体験のまとめ一覧SAME AUTHOR POSTS

一覧を見る

ダイエットキーワードDIET'S KEYWORDS

よく読まれている話題の記事POPULAR POSTS

一覧を見る

コラムカテゴリCOLUMN CATEGORIES

gym_merit
gym_merit