全国のダイエットジム検索〜ダイエットはプロのダイエットトレーナーと共に

パーソナルトレーナーの方はこちら

リアル体験

リバウンドを防ぐには、「維持するための基礎トレーニング」が欠かせなかった!

小川 敬司

ダイエットジムコンシェルジュ 新規ジム開拓責任者


小川 敬司

2017/09/10

過去にプライベートジムに通い、一時的に体重が落ちたものの、見るも無残にリバウンドしてしまった。

こんなに悲しいことってないですよね。。。

でも安心してください、まだチャンスは残っています!

そんなリバウンド経験者を窮地から救う、ダイエットジムがあるんです。

表参道に展開する「Right Gym(ライトジム)」です。

「リバウンドさせない独自のメソッド」を編み出した一流のトレーナーさんがマンツーマンで教えてくれるジムなんです。

今回は、そんなRight Gymのトレーニング指導を体験です!

一流スポーツ選手や芸能人の指導経験もある植田トレーナーの指導体験!

20170812-DSC_2105

20170812-20170812-DSC_2103_0819071209

植田修平(Shuhei Ueda)
Right Gym 看板トレーナー

一流スポーツ選手や芸能人が通うフィットネスクラブで勤務、ダイエット知識やトレーニング理論を学びパーソナルトレーニングを行う。2010年以降、日本ボディビル選手権を7連覇している鈴木雅氏からも直接学んだ経験を持つ。その後、フリーパーソナルトレーナーとなりプライベートジムで多くの方の指導を行い、これらの経験を活かしリバウンド防止法を考えRight gymをオープン。2013年東京オープンボディビル選手権60kg級、2014年東京オープンボディビル選手権65kg級にそれぞれ入賞。

脱リバウンドのための、自宅でできる基礎トレーニングに挑戦です!

20170812-DSC_2128 

ジムの卒業後にリバウンドをしてしまう原因として、痩せたカラダを維持するための「正しい食事と正しい運動」が続けられないことがネックになってしまうとのこと。

その2つの正しい方法を身につけることができるライトジムですが、今回は、正しい運動のほうを体験させていただきます!

マシーンを使わないメニューが中心だからこそ、自宅で続けられるトレーニングということなんです。

運動効果を高めるため、まずはストレッチから!

20170812-DSC_2134 

運動効果をアップするため、まずはストレッチからスタートです。

「ちょっと長いかもしれませんが、最初に反動を使わずに前屈を1分間してもらいます」と言い、ストップウォッチで時間を計測する植田トレーナー。

 

20170812-DSC_2135

前屈を始めた直後、いつものようにトレーナーさんから「あっカラダ硬いんですね」と言われてしまう小川。

 

20170812-DSC_2143

「いつもデスクワークなんで硬いんですよ、、、」と返しつつ、もう少し柔らかくなりたいものです。

 

20170812-DSC_2150

長い1分間ののち、植田トレーナーから「今度は肘をマシンについた状態でカラダを回転させましょう」 と次のストレッチが始まります。

 

20170812-DSC_2148

これは胸の筋肉の伸ばす動きなのですが「行けそうだったらどんどん回転してください」とエールが贈られます。

 

20170812-DSC_2162

「最近猫背の肩が多いですが、猫背になるのは胸の筋肉が縮まってしまうからなんです。

特にデスクワークの方は骨盤が丸まってしまうので、それも猫背になってしまう要因ですが、胸の筋肉を伸ばすことで予防しています」と丁寧な解説を頂きました。

 

20170812-DSC_2166

最後は背中のストレッチ。

背中の真ん中を鍛えると姿勢が良くなるのですが、そのためにはこうして伸ばす必要があります」(植田トレーナー)とのこと。

 

20170812-DSC_2174

「思い切り伸びた感覚がありました」というのが小川の感想です。

 

脱リバウンドトレ、ブルガリアンスクワットは基本中の基本!

20170812-DSC_2193

ストレッチでカラダを伸ばしてから、いよいよトレーニングスタート。

効率的に筋トレをするには、大きな筋肉を中心にシンプルなメニューで行うこと。

大きい筋肉といえば、お尻と太ももです。

まずは、ヒップアップ効果も期待できるブルガリアンスクワットでお尻の筋トレ体験です。

ベッドやソファなど、脚をかけらるものがあれば簡単にできる種目です。

20170812-DSC_2202

「まずは片足立ちになってもらって、ここからカラダを倒していくのがポイントになります」(植田トレーナー)とのこと。

 

20170812-DSC_2226

少し膝を曲げてカラダを倒していくと、後ろ足が上がってくるのですが、その後ろ足が上がった状態でスクワットすることで効果が期待できます。

「立った状態の時に、お尻に体重が乗ってないとヒップアップにつながらないので、もう少し右足を前に出してみましょう」と細かい立ち位置も教えもらいつつのトレーニング。

 

20170812-DSC_2231

見た目は簡単そうなのですが、正しい角度でスクワットすると、かなりきついトレーニングです。

「足首の真上に膝が来るようにして下さい。膝が前に出てしまうと足が鍛えられてしまうので、お尻に効かせる意識で行いましょう」と、分かりやすいアドバイスももらいました。

 

脱リバウンドトレ、ヒップスラストでお尻を締めます!

20170812-DSC_2235

最初のブルガリアンスクワットがお尻の筋肉を伸ばすトレーニングなら、次のヒップスラストは同じお尻でも引き締めの種目です。

 

20170812-DSC_2259

「足を開いた状態で、膝の位置にバンドをしてもらいます。そして今座った状態からお尻を上げて行くトレーニングです」という解説の後、早速挑戦してみます。

 

20170812-DSC_2277

「このバンドをつけるとどんな効果があるんですか?」と質問する小川。

すると「お尻の筋肉は大臀筋、中臀筋、小臀筋とあるのですが、特に中臀筋が機能しないと大臀筋も機能しないのです。

足を外に開くのが中臀筋の動きなのですが、バンドを巻くことで上手に働くようになるのです。

かかとでお尻を上げるような感じでやってみましょう」(植田トレーナー)と、さきほどのブルガリアンスクワットに続いて、分かりやすい説明です。

 

20170812-DSC_2262

本来は重りを持ってやるのですが、重りがなくてもお尻を意識すして上下運動するだけでヒップアップの効果につながる内容でした。

 

20170812-DSC_2252

「このバンドすごいですね!」とテンションの上がる小川です。

 

脱リバウンドトレ、最後はベントオーバーローイング!

 20170812-DSC_2312

脱リバウンドトレ、最後はダンベルを使ったベントオーバーローイングという種目。

背中の真ん中にある脊柱起立筋を鍛えることで、姿勢改善を促すことができるんです。

 

20170812-DSC_2325

「このトレーニングは、肘を曲げるのではなく、胸を開くということに意識を持って行きましょう。

そのために最初のストレッチで胸を伸ばしたのですが、いまこのトレーニングにも役立っています」と植田トレーナーから聞いた時に、脱リバウンドトレは全てにつながりや目的があることを痛感しました。

 

20170812-DSC_2346

上手に胸を開けているでしょうか。

 

20170812-DSC_2352

最後まで丁寧かつ熱のこもった植田トレーナーのサポートでした。

ジムに通っている期間はもちろん、自宅でも正しい運動と食事を続けられたら、これまでのリバウンド生活ともおさらばできます!

 

ダイエットジムコンシェルジュから入会で、
最大1万円のお祝い金! 

Right Gymの店舗写真

20170812-DSC_1835

20170812-DSC_2115

20170812-DSC_2122

20170812-DSC_2125

20170812-DSC_1940

20170812-DSC_1997

20170812-DSC_1945

20170812-DSC_1836

 

編集後記

20170812-DSC_2115

銀座線・半蔵門線・千代田線と東京メトロ3線でアクセスできるお洒落な街・表参道駅から徒歩数分、閑静な住宅街にあるRight Gymさんは、他では真似できない「リバウンドさせないオリジナルメソッド」がウリのプライベートジム。

大会出場及び入賞などボディビル経験が豊富で、業界大手ジムでのトレーナー経験もあるトレーナーさんは、リバウンドの仕組みについて詳しい知識をお持ちです。

どうしたらリバウンド経験者がダイエットに成功できるか、という課題を克服するために丁寧な指導をして下さる一方で、トレーニング自体には難しい内容をあえて組み込まないようにしています。

気になった方は、ぜひ気軽に無料カウンセリングに行ってみてください!

ダイエットジムコンシェルジュから入会で、
最大1万円のお祝い金! 

いいね!して、ダイエットの最新記事を受け取ろう。

小川 敬司

ダイエットジムコンシェルジュ 新規ジム開拓責任者


小川 敬司

日本で唯一、全国のダイエットジムを検索できるサイト 「ダイエットジムコンシェルジュ」新規ジム開拓責任者。 世の中には多くのダイエットメソッド、商品が増え続けているのに、体型に悩む人が減っていない。その現状をメデイアという立場で打開するべく、 ダイエット業界のプロフェッショナルに日々インタビューを重ね、リアルな情報を発信中。 「ダイエットトレーナー」「ダイエットジム」の存在を広めることで、1人でダイエットに悩む人をなくしたい。

この執筆者の記事一覧を見る

リアル体験のまとめ一覧SAME AUTHOR POSTS

一覧を見る

ダイエットキーワードDIET'S KEYWORDS

よく読まれている話題の記事POPULAR POSTS

一覧を見る

コラムカテゴリCOLUMN CATEGORIES

gym_merit
gym_merit
ページトップへ戻る