全国のダイエットジム検索〜ダイエットはプロのダイエットトレーナーと共に

パーソナルトレーナーの方はこちら

リアル体験

《体験レポート》元プロ格闘家が素人のポテンシャルを引き出すトレーニングを体験!

小川 敬司

ダイエットコンシェルジュ 新規ジム開拓責任者


小川 敬司

2017/12/11

運動やトレーニングは素人だけど、専門家に教わってきちんとダイエットの結果を出したい。

そんな効果を期待するあなたに、オススメのダイエットジムがあります。

千葉に展開する「M.A.D(エム・エー・ディー)」です。

元WKBA世界フェザー級王者というキックボクシング界でトップを極めたトレーナーさんがマンツーマンで教えてくれる。

今回は、そんなM.A.Dのトレーニング指導を体験!

人気の理由を探ってきました。

 

結果が出るのは、世界チャンピオン監修で能力を引き出してくれるトレーニングだから!

20171106-DSC_4657

20171106-20171106-DSC_4659_1114023648

蘇我 英樹(Hideki Soga)
 M.A.D 代表トレーナー

プロ格闘家(キックボクシング)として数多くのタイトルを獲得し、長年にわたり第一線で活躍ののち2016年4月に引退。その後、一般社団法人日本ファンクショナルダイエット協会認定のケトジェニックダイエットシニアアドバイザーの資格を取得。【獲得タイトル】WKBA世界スーパーフェザー級王者、東洋スーパーフェザー級王者、日本フェザー級王者、日本バンダム級王者 【資格】BFRトレーナー(血流制限トレーニング)、ダイエットシニアアドバイザー、肥満予防健康管理士。

今回は世界チャンピオン監修の豊富なトレーニングに挑戦!

20171106-DSC_4714

正確なデータを得るため、まずは体組成の測定から!

20171106-DSC_4719

 

今回は世界チャンピオン監修の豊富なトレーニングに挑戦。

M.A.Dさんでは体組成を計測してカラダの状態を把握できるので、まずはこちらのInBodyという機械を使って現状を知ることからスタートです。

20171106-DSC_4729

蘇我トレーナーの指示のもと、裸足で機械の上に乗ります。

20171106-DSC_5624

 

すべての結果はプリントアウトされます。

 20171106-DSC_4760

測定終了後、蘇我トレーナーからは

「良い結果だと思います。何が良いかというと、上下のバランスがやや不均衡ではあるものの、下半身の筋肉量がしっかりしているところです。下半身が強いので日常的なパフォーマンスはとても良いと思います」というコメントが。

「やっぱり学生時代にサッカーをやっていたのが良かったのでしょうか」とちょっと嬉しい小川に、

「胸と背中を中心に上半身をもう少し鍛えて、筋肉量や脂肪量を増やすと更に良いですね」と的確なアドバイスももらいます。

 

ウォームアップから豊富な種類、キックボクシングにも挑戦!

20171106-DSC_4836

カウンセリング終了後に早速ウォームアップで、まずはバイクです。

20171106-DSC_4827

パワーポジションという下半身が安定するポジションになってもらいます」と蘇我トレーナーから言われたのち「耳と肩とお尻が常に一直線になるようにし、肩甲骨を寄せて胸を張りましょう。肘は真っ直ぐです」とチェックが入り、自ら鏡で姿勢を確認してから3分間漕ぎます。

このフォームがデッドリフトやスクワットなどのトレーニングを行う際にも大切になってくるとのこと。

20171106-DSC_4894

続いてはキックボクシング、元世界チャピオンからマンツーマンで教えてもらえるなんて有難いこと。

20171106-DSC_4898

 

「踏み台昇降のようにまずは左足を台の上に乗せて、逆の右足が上がったら左手も上げてキックします」と言われてまずはやってみます。

20171106-DSC_4911

 

ど素人の蹴りなはずなのに、蘇我トレーナーからは「あ、そうそう、良いですね」と「蹴り方が上手いですね」と連呼され、いつの間にか気持ち良くキック出来るようになってきました。 

「ウォームアップとしてちょうど良い運動量ですし、股関節の可動域も広がります」と言われ、すでに気分が高揚してきた小川です。

20171106-DSC_5043

続いては、ポールの上に横になった状態で、羽ばたき運動という手を下から上まで伸ばす運動で、

20171106-DSC_5040

腕を床につけた状態で下から上に持ち上げていくのですが、

20171106-DSC_5034

 

カラダが反った状態で行うので、肩甲骨周りが硬い人には見た目以上にキツイです。 

20171106-DSC_5070

 

そのままブリージング(呼吸)を行います。「鼻から吸って口から細く長く吐きましょう」(蘇我トレーナー)というのは基本ですね。 

20171106-DSC_5135

 

足の指先を思い切り内側に入れたあと、

20171106-DSC_5132

 

逆側に開いて股関節のストレッチも入念に行います。

一連のフォームアップでカラダがしっかりほぐれたのを実感しました。

 

大腰筋と下腹部を鍛えるには、ポールと重りを使ったシットアップ!

20171106-DSC_5207

ウォームアップが終わりいよいよトレーニングスタート、最初の種目は大腰筋と下腹部を鍛えるシットアップです。

床に横になり、ポールを膝で挟み、両手で重りを持ちます。

20171106-DSC_5212

 

そこから一気に上体を起こし、ポールの最上部まで重りも持ち上げる運動で、お尻を締めるのがポイントです。

20171106-DSC_5244

 

後半はポールを使わず、蘇我トレーナーが力を入れてくる体勢だったので、

20171106-DSC_5252

 

あまりのキツさに「アーッ」と思わず声を上げてしまう小川ですが、なぜか楽しいから不思議です。

20171106-DSC_5260

 

終わった瞬間に思わず股関節周りを押さえ込んでしまいましたが、大腰筋と下腹部には確実に効いていると思います。 

 

胸を厚くするベンチプレス、史上最高の80kgに成功!

20171106-DSC_5325

 

シットアップで下半身を鍛えてから挑戦したのはベンチプレス。

やはり姿勢が大切ということで、実際にマシンを使う前に蘇我トレーナーから正しいフォームを習いました。

20171106-DSC_5357

 

「肩甲骨を寄せて胸を張ります。それから、肩甲骨の2点とお尻の2点でアーチを作り、肘を直角に曲げてから、背中で鏡を押すように腕を前に出していきます」という解説なのですが、とても分かりやすい上に“基礎を大切にしている”ということが伝わってきます。

20171106-DSC_5420

 

鏡でイメージをつかんだ後、実際にマシンに挑戦。

20171106-DSC_5424

 

蘇我トレーナーがきちんとサポートしてくれるので安心できます。

20171106-DSC_5499

 

ここでも「上手です、良いですね」と褒めてくれる蘇我トレーナーですが、「もう少し重いのに挑戦してみましょう」と言われ、なんと今まで上げたことのない80kgに挑戦。

20171106-DSC_5505

 

本当にキツかったのですが、力強いサポートのおかげでなんとか上げることができました。

小川とは対照的に嬉しそうな蘇我トレーナーの表情が印象的です。 

 

スクワットはBFR(血流制限)も使って効果を上げます!

20171106-DSC_5540

 

史上最高の重さを上げて気分の良くなった小川、次はスクワットで足の強化を狙います。

「スクワットは機能性が高い方が良いので、垂直跳びをするときに最も跳びやすい歩幅がベストです。先ほどのベンチと同じで肩甲骨2点とお尻の2点でアーチを作りましょう」と言われ、その通りにやってみます。

20171106-DSC_5558

 

瞬発的に上げることで下半身がより効果的に鍛えられるそうです。

20171106-DSC_5566

 

更なる効果を狙い、今度は足にBFRトレーニングベルト(血流制限トレーニングベルト)を巻いて再度チャレンジ。

20171106-DSC_5605

 

血流制限により、低重量でオールアウト(限界量を迎えること)ができるのがBFRを使うメリットなのだとか。

20171106-DSC_5602

 

ヒップアップトレの代表格、ヒップスラストで締めます! 

20171106-DSC_5665

 

世界チャンピオン監修のトレーニング、いよいよ最後の種目となるヒップスラスト。

特にヒップアップを目指す女性から支持を得ているお尻トレーニングの代表格です。

20171106-DSC_5672

 

骨盤のラインにバーベルを当て、かかとで地面を蹴り上げ、バーを上げきったところで止め、お尻を締めます。

20171106-DSC_5704

 

豊富なトレーニングをやり切った小川、達成感と安堵が入り混じった表情です。

 

キックボクシングで筋トレ後の脂肪燃焼効果を高めろ!

20171106-DSC_5747

 

世界チャンピオン監修のトレーニング終了後、最後に挑戦したのはキックボクシング!

本格的なリングのあるM.A.Dさんならではの特別種目です。

20171106-DSC_5757

 

ちょっとへっぴり腰に見えますが、これがパワーポジションと呼ばれる安定する姿勢で、ここから斜めに相手を見るようにして片足を前に出してパンチを繰り出します。

20171106-DSC_5789

 

体重を乗せてパンチを打っていくのがコツ。

当たったときに背中に衝撃がきたら良いパンチが出せているということだそうです。

20171106-DSC_5879

 

どんなパンチでも良い音を出すミットに気分を良くする小川ですが、これは実は受け手である蘇我トレーナーの技。

素人がそんなに絶妙なパンチを連発できるはずはなく、瞬間的にミットの位置を微妙にずらしているのは元世界チャンピオンだからこそできることです。

20171106-DSC_5948

 

キックもウォームアップのときと同じように踏み込んだ後に足と腕をタイミング良く上げ、体重を乗せて蹴っていきます。

20171106-DSC_6006

 

ここでも「そう、すごいです」「そうです良いですね」を連発してくれる蘇我トレーナーのおかげで、最後の最後まで気持ち良く楽しくキックボクシングできて、ストレスも解消できるという最高のトレーニングとなりました。

 

ダイエットジムコンシェルジュから入会で、
最大1万円のお祝い金! 
 

M.A.Dの店舗写真

20171106-DSC_402420171106-DSC_402720171106-DSC_428220171106-DSC_436920171106-DSC_440520171106-DSC_404020171106-DSC_403720171106-DSC_405620171106-DSC_439520171106-DSC_442020171106-DSC_4477

編集後記

20171106-DSC_5881

何と言ってもキックボクシングの元世界チャンピオンである蘇我トレーナー監修のトレーニングが受けられるというのがウリのM.A.Dさん。

豊富なトレーニングが素晴らしいのはもちろん、トレーニング前のウォーミングアップから一つひとつ丁寧に基礎から教えてくれる点は、運動初心者には何より有難いです。

また、少しでもうまく出来ると(出来なくても)「素晴らしいです」「すごいです」とどんどん褒めてくれて、素人でも「もしかしたら自分は才能あるのかも」という気分にさせ、ポテンシャルをどんどん引き出していくスタイルのトレーニングは、他のジムではなかなか体験でき無い貴重な経験でオススメ。

どんな方でも楽しくトレーニングできること間違いありません。

また、パーソナルトレーニングを受けると、フィットネスジムも回数や時間の制限なくフリーで使えることもあるので、運動経験の無い初心者女性にもオススメしたいジムです。

気になった方は、ぜひ気軽に無料カウンセリングに行ってみてください!

ダイエットジムコンシェルジュから入会で、
最大1万円のお祝い金! 
>>M.A.Dの対談インタビュー記事もどうぞ!
元世界チャンピオンがケトジェニックダイエット指導するジムを取材!

いいね!して、ダイエットの最新記事を受け取ろう。

小川 敬司

ダイエットコンシェルジュ 新規ジム開拓責任者


小川 敬司

日本で唯一、全国のダイエットジムを検索できるサイト 「ダイエットコンシェルジュ」新規ジム開拓責任者。 世の中には多くのダイエットメソッド、商品が増え続けているのに、体型に悩む人が減っていない。その現状をメディアという立場で打開するべく、 ダイエット業界のプロフェッショナルに日々インタビューを重ね、リアルな情報を発信中。 「ダイエットトレーナー」「ダイエットジム」の存在を広めることで、1人でダイエットに悩む人をなくしたい。

この執筆者の記事一覧を見る

リアル体験のまとめ一覧SAME AUTHOR POSTS

一覧を見る

ダイエットキーワードDIET'S KEYWORDS

よく読まれている話題の記事POPULAR POSTS

一覧を見る

コラムカテゴリCOLUMN CATEGORIES

gym_merit
gym_merit