全国のダイエットジム検索〜ダイエットはプロのダイエットトレーナーと共に

インタビュー

【B-smileコラム・前編】腸の切除一歩手前!?池谷トレーナーが健康に目覚めたエピソードとは

サトートモロー

Web編集者・ライター


サトートモロー

2019/04/15

田園都市線「用賀駅」から徒歩5分にあるジム「B-smile」。

笑顔の素敵な池谷トレーナー、そして20年以上に渡りインストラクター業で活躍してきた鈴木トレーナーの2人が、「楽しいカラダ作り」をコンセプトにトレーニング・食事指導をしています。

そんな池谷トレーナーですが、かつては100kgオーバーという体型の持ち主だったんだとか。その時に経験した怖い体験、そして彼のトレーナー人生の基礎となった転機を教えてもらいました。

暴飲暴食とタバコで、「指定難病」になってしまった池谷トレーナー

池谷トレーナーは、トレーナーになる前どんな仕事をされていたんですか?

(池谷トレーナー)
私は以前、いわゆる夜の接客の世界にいました。一時期はお店の経営者もしていたんですよ。

当時は本当に暴飲暴食の毎日で。ストレスからタバコも1日数箱吸うような、ひどい生活をしていました。30代の後半から一気に太り出して、ピーク時の体重は105kgくらいあったかな。

まさに脂肪の塊みたいな体型でしたね(笑)。

もちろんその時には、運動らしい運動もしていなかったです。

20190331-DSC_3544

今の姿からは想像できないですね…。そんなに荒れた生活で、身体に不調とかはなかったんでしょうか?

(池田トレーナー)
それがね、全く身体に異変はなかったんですよ。行くとしたら歯医者さんくらいでした。

ですが40歳に差しかかろうとかという時、身体に異変が起き始めて。体調不良もそうでしたが、血便が出るようになったんですよ。

これはまずいかなと思って、病院で診察を受けたら、お医者さんに激怒されてしまいました。

結局そのまま、2週間の緊急入院が必要になっちゃいまして(苦笑)

えー!それ大丈夫だったんですか!?

(池田トレーナー)
大丈夫じゃなくなる一歩手前、みたいな状態でした。その時に診断されたのは「潰瘍性大腸炎」という、「指定難病」の1つに数えられる病気でした。

指定難病っていうのは、「難病の患者に対する医療等に関する法律」で定められた基準にもとづいた、医療費助成制度の対象になる難病です。日本では現在、約18万人の患者がいると言われていますね。

血便や発熱、腹痛を伴うんですが、私は重症だったみたいで。もう少し診察が遅れていたら、腸の一部を切除しなければならないところにきていたんです。

20190331-DSC_3568

全く自覚症状がなかったところから、一気に深刻な状態になってしまったんですね…。

(池田トレーナー)
そうなんですよ。退院した後も、しばらくは薬が手放せない状態でした。そこから健康の大切さを思い知って、運動と食事改善に取り組むようになったんです。

次回は池谷トレーナーが、大病を患ってから健康を取り戻すまでの姿を追います!

健康に重大な問題を抱えてしまった、かつての池谷トレーナー。しかしトレーニングと食事改善が功を奏し、今では薬に頼らなくても元気な毎日を過ごせていると語ります。

運動0、暴飲暴食にタバコ、100kgオーバーの体重からどうやって大変身を遂げたのか。次回はそんな復活の道のりをうかがいます!

*次回へ続く(4/17公開予定)

>>B-smileの対談インタビュー記事もどうぞ!
《ジムインタビュー・B-Smile》常に笑顔で楽しくトレーニングできる環境を

>>B-smileの体験レポートはコチラ!
《体験レポート・B-Smile》女性のための胸・お腹・お尻バランストレーニング体験!

PRgym_merit

サトートモロー

Web編集者・ライター


サトートモロー

コンテンツマーケティングを意識したキーワードの設計、記事構成、執筆、編集までをこなす。 「ダイエットコンシェルジュ」ではユーザー目線を大事にしつつ、プロフェッショナルであるパーソナルトレーナーの素晴らしさを伝えるコンテンツを制作中。

この執筆者の記事一覧を見る

インタビューのまとめ一覧SAME AUTHOR POSTS

一覧を見る

よく読まれている話題の記事POPULAR POSTS

一覧を見る

コラムカテゴリCOLUMN CATEGORIES

gym_merit
gym_merit