全国のダイエットジム検索〜ダイエットはプロのダイエットトレーナーと共に

青森のパーソナルトレーニングジム

本州最北端に位置する青森県。りんごやにんにくの産地であり、実は国内唯一のフォアグラの産地でもある。まさかり型をした下北半島と、北海道と本州をつなぐ青函トンネルの本州側の入り口となる津軽半島からなる特徴的な形をしている。

青森の夏の最大の風物詩ねぶた祭りは、青森市で行われる「ねぶた祭」・弘前市で行われる「ねぷた祭り」・五所川原市で行われる「立佞武多」この3つが三大ねぶた祭と呼ばれているが、大小合わせると30以上の市区町村で作られているほど、青森県内では親しまれているお祭りであり、青森の「ねぶた祭」だけでも280万人を集める大きなイベントとなっている。

下北半島の中央部には活火山である恐山があり、カルデラ湖として形成された宇曽利山湖の湖畔に建つ、日本三大霊場の1つ恐山菩提寺がある。この恐山を中心としたエリアは下北半島国定公園に指定されており、この国定公園の指定を受けた後に高品質の金脈が発見されたが、新規の開発については法律で禁じられている。恐山が活火山だということもあり、境内には温泉施設も設けられている。

下北半島の北端にある大間町は本州最北端の地であり、漁港の町でもある。特にマグロの産地として有名で「大間のマグロ」はブランドマグロとして市場で高値で取引される。
津軽半島の付け根に位置する三内丸山遺跡は、縄文時代前期中ごろから中期にかけての大規模集落跡とされており、1992年に調査が開始され2000年には国の特別史跡に指定されている。発見は江戸期には発見されていたようであるが、1992年の県営球場建設に伴って行われた調査によって、規模の大きな遺跡であることが発見され、県警球場の建設を取りやめ遺跡の保存が決定された。三内丸山遺跡で最も重要視されているのは、六本柱建物跡と呼ばれる建物の構造であり、柱穴の間隔、幅、深さが全て統一されていることで、当時に測量技術を用いられていたことが推測されている。


青森県のほぼ中央に位置する酸ヶ湯温泉は、その積雪量の多さが常にニュースになる豪雪地帯にある温泉湯治場である。江戸時代前期である1684年に開湯されたとされる酸性硫黄泉で、湯治場として長期滞在用の宿も用意され、宿の規模も風呂の規模も大きい事で知られている。

青森の有名ジム