全国のダイエットジム検索〜ダイエットはプロのダイエットトレーナーと共に

パーソナルトレーナーの方はこちら

プロのアドバイス

甘酒はダイエットに最適!選び方や飲むタイミングを紹介

和田 宏美

和田 宏美

2017/12/28

甘酒が「飲む点滴」といわれるほど万能な飲み物の理由は何なのでしょうか。

この記事を読むと、甘酒の魅力的な栄養成分やダイエット中に効果的な取り入れ方や分かります!甘酒の簡単な作り方もご紹介していますので、ぜひ最後までお読みください。

甘酒の種類は2種類ある!それぞれの特徴と違いについて

ダイエットをしていると、一度は「甘酒ダイエット」という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

甘酒を取り入れて健康的になりたい姿を手に入れられた人とそうでない人に別れるのには、甘酒の「選び方」と「取り入れ方」にポイントがあります

甘酒は2種類に分けられる!その違いは「酒粕」にあった

甘酒には2種類あることをご存知でしたか?実は原材料の違いで、酒粕から作られた甘酒と、米麹から作られた甘酒に分けられます。

酒粕ベースの甘酒の特徴

  • 酒粕は米麹が酵母菌により発酵したもろみから日本酒ができる際に残る固形の副産物。酒粕にはアルコールが含まれているため、原料に酒粕の入っている甘酒はアルコールが含まれている。
  • 酒粕にはたんぱく質や食物繊維、麹菌と酵母菌に含まれるβ-グルカンや葉酸といった栄養素も含まれている。
  • お酒を作る際に残るものなので、甘みをつけることで安価に生産することが可能。
  • 甘みづけとして砂糖が多く使われている。

米麹ベースの甘酒の特徴

  • 材料は米と麹のみ。麹の消化酵素によって米のでんぷんが最小単位のブドウ糖にまで分解されている。
  • 米の栄養成分がそのまま残っているため栄養豊富。
  • アルコール分は無し。
  • 甘みは米の自然の甘さのみで、砂糖を添加しないため酒粕ベースの甘酒に比べてカロリーが低い。

 これらの特徴を表でまとめると、このようになります。

26056842_1444925035636573_845016136_n

ダイエットに適する甘酒はどっち?飲み方やタイミングは?

どちらの甘酒の種類でも、美味しい商品がたくさんあるので風味の違いを味わってみると甘酒を楽しめると思います。

ただ、ダイエットのために甘酒を取り入れるのであれば、アルコールが含まれておらず、お米の自然な甘さで味付けされた米麹ベースの甘酒を選ぶのをオススメします。ただし、

「酒粕は体に良いって聞いたし、甘酒を飲んでいるとダイエットできるみたい!」

そんな気持ちで酒粕ベースの甘酒をたくさん飲んでいると、カロリーと砂糖の取りすぎになってしまうので注意が必要です。米麹ベースの甘酒は「1日1杯」までを目安に飲むようにしましょう。

では、どのタイミングで甘酒を取り入れるのが良いのでしょうか。それは…。

甘酒は小腹が空いた時や運動後におすすめ!その理由は?

26102165_1444925132303230_1295763230_o

甘酒をダイエットに取り入れるなら、小腹が空いた時や運動後がおすすめです。その理由は主に3つあります。

①︎甘酒に含まれるブドウ糖により満足感を得られる

お腹が空いていると体はエネルギーを欲します。そのときにブドウ糖を取り入れることで血糖値が上がり満足感を得られます。

ブドウ糖は、炭水化物の最小単位のため、胃腸に負担をかけずに吸収の良い形でエネルギーを取り入れることができます。

②体に優しい原材料でできている

米麹ベースの甘酒のエネルギーは、1杯で約90︎kcalです。このエネルギー量は、板チョコだと3かけら(15g)とほぼ同じです。

チョコレートだとあっと言う間に食べてしまう量ですが、甘酒だと液体でお米の食感も残っているので空腹も紛れます。

そして、原材料は米と米麹のみというシンプルさ。体にも優しく安心です。自然の甘みをしっかり味わえる甘酒はとても魅力的です。

普段の間食の量や原材料に意識を向け、甘酒を取り入れるのもダイエット成功の方法のひとつになるでしょう。

③︎便秘解消にも効果的

甘酒には整腸作用のある食物繊維やオリゴ糖が含まれているため、便通を改善する働きがあります。

便秘を解消することで、体内の老廃物が排出されることで内側から美肌に近づくことができるうえ、デトックスにより体調の改善にも役立ちます。

「少しお腹がスッキリしないな」

「食事量は同じはずなのに体重が増えてきている」

といった実感がある方は、とくに試してみる価値ありです。

甘酒での「置き換えダイエット」はNG!

ちなみに、「甘酒ダイエット」で食事の1食分を甘酒に変えて、摂取カロリーを減らすことで減量をする方法がをとるダイエッターさんがいらっしゃいます。

しかし、この方法はこちらはおすすめできません。

私が食事内容を考える際、”その方法をずっと、楽しい気持ちで取り入れていけるかどうか”を大切な判断基準としています。

甘酒を1食に置き換えた場合、置き換えている間しばらくは体重が減るかもしれません。

しかし、1食を甘酒だけにする生活をずっと続けるのは大変ですし、摂取カロリーが減ることで、飢餓状態になりエネルギーを溜め込もうとして代謝が悪くなり、結果として基礎代謝量が低下してしまいます。

そのため、甘酒ダイエットは1食を置き換えるのではなく、体に良い間食のひとつとしてとらえるのが一番良いと考えます。

甘酒が「飲む点滴」と言われる納得の理由!

甘酒は米麹を発酵させてつくるため、発酵がすすむときに天然のビタミンが産生します。それが、甘酒に多くの栄養素を生み出すのです。

26034810_1444925038969906_867848240_n

甘酒の持つ栄養素は、ダイエットのみに止まらないことがよく分かります。

これだけ身体にうれしい栄養素がたくさん含まれている甘酒。皆さんも飲んでみようかなと思っていただけたのではないでしょうか?

風邪や体調がすぐれない時に栄養源として用いるのは◎

風邪を引いたり体調不良だったりと食欲がない場合、甘酒を栄養源として食事で取り入れるのは賢い選択です。なぜなら、甘酒に含まれている豊富な栄養素は体に吸収されやすいからです。

ダイエットでの間食や、体調の優れないときの救世主としても使える甘酒。ここまでくると、甘酒が「飲む点滴」という別名をもつことも納得!なのではないでしょうか。

また、日常生活でも次の点に気をつければ、甘酒の良さをより引き出せるので覚えておきましょう。

  • 健康なときは3食の食事でしっかりと固形物を摂り、胃腸をしっかり動かす。
  • 胃腸が疲れているときには体の状態に合わせて食事の一つの選択としても甘酒を上手に取り入れる。

店頭、ネットで自分にぴったりな甘酒を選ぼう!

最近は、小ぶりのサイズで手軽に飲めるものや、希釈して飲むタイプのもの、さらには希釈不要のストレートタイプの甘酒もあります。

さらにはハトムギ入りや乳酸菌入りなどバリエーションが豊富にあるので、スーパーや健康食品を取り扱っているお店などで、お気に入りの甘酒を見つけるのも楽しいと思います。

スクリーンショット 2017-12-28 8.40.08

 

おうちde甘酒の作り方

26036462_1444925135636563_1465776048_o

甘酒を手軽に毎日の生活に取り入れるとき、自宅で簡単に作れたら良いですよね。

ここでは私が普段からよく作る甘酒のレシピをご紹介します。簡単にできるのでぜひご家庭で試してみてください。

 

26056481_1444925128969897_1885461872_n

《コップ一杯あたり》
87kcal  (たんぱく質1.5g  脂質0.2g  炭水化物18.8g)

《材料》(コップ7杯分)
・米麹:100g(生麹または乾燥麹)
・ご飯:1合(約150g)
・水:300mL

《作り方》
1. 炊いたご飯にお湯300mLを入れて混ぜる。
2. 60度以下になるまで待った後、麹を加えてよく混ぜる
3. 炊飯器を保温モードにして蓋は閉めきらずにガーゼでかぶせるなどして55〜60℃に保つ。
4. 途中で何回かかき混ぜながら、約6時間おいたらできあがり。
(お好みで2倍程度にうすめてお召し上がりください)

おすすめの甘酒「ちょい足し」食材

甘酒を作りやすい分量で作ると一度にたくさんできます。

次にご紹介する食材をプラスして味を変えながら楽しんでみるのはいかがでしょうか。

  • はちみつ…自然の甘みがプラスでき、ミネラルも豊富。
  • 生姜…辛味成分のジンゲロンは体を温め、血行促進効果あり。
  • シナモン…体を温め、冷えを改善する。
  • カカオパウダー…カカオポリフェノールによるリラックス効果、抗酸化作用あり。
  • きなこ…大豆の加工品であるきなこは良質なたんぱく質源 

まとめ

  • 甘酒には2種類あり、ダイエット向きなのは米麹ベースの甘酒。
  • ダイエットに上手に取り入れるには、”小腹が空いたときや運動後に甘酒”。
  • 摂りすぎに注意して、目安は1日1杯まで。

ダイエットの成功のためには”納得感”を増やし、”罪悪感“を減らしていく意識の工夫、選択の工夫が重要です。

自分の大切な体に与える栄養を何から摂るか、について、納得感をもって一つひとつ大切に選んでください。あなたのダイエット成功を心から応援しています。

いいね!して、ダイエットの最新記事を受け取ろう。

和田 宏美

和田 宏美

パーソナル栄養サポートや健康栄養セミナー講師等で活動するフリーランスの管理栄養士。栄養サポートでは、対面のカウンセリングに加え公式LINE@など最新のSNSを用いたきめ細かな食事サポートにより、毎日の生活に取り入れやすく心もカラダも元気になれる食や生活習慣のアドバイスを行っている。

この執筆者の記事一覧を見る

プロのアドバイスのまとめ一覧SAME AUTHOR POSTS

一覧を見る

ダイエットキーワードDIET'S KEYWORDS

よく読まれている話題の記事POPULAR POSTS

一覧を見る

コラムカテゴリCOLUMN CATEGORIES

gym_merit
gym_merit